中華鍋で自家製ベーコンを作る。意外と簡単で燻すの楽しいです

P1020159

僕、基本的に炒め物とかは中華鍋でやるのですよ。鉄製品に愛着があって火の通りもいいし、中華料理にはそれこそすごく重宝します。

そんな中華鍋。燻すのにも使えるらしくスモーカーがなくてもベーコンができるそうでこれはやってみようと思ったのが今回。自分でベーコン作れるって素敵じゃないですか。

お店の既成のベーコンうまいんすけど、添加物祭りですけん、そこらへんを気にされる方にもええかもです。

しかし問題は煙よ。燻すんだから当然メインは煙なワケで。室内で燻製した時、中華鍋からどれだけの煙がでるのか?

以前室内で七輪さんまパーティーをした僕はどんだけ煙で室内がダメージをうけるか知ってるわけですよ。

そんなことにびびりながらやってみたベーコンワンルームディスコの記録を綴ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

材料

豚バラブロック 1本(300〜500g)

塩・砂糖    それぞれ肉の5%くらい。肉300gなら大1程度

胡椒      肉全体にうっすらかかる程度

ウッドチップ  ひと掴み程

P1020077

豚バラブロックに砂糖と塩をそれぞれふりかけてもみ込みます。

今回は330gのブロックを使用しました。大さじ1づつふりかけました。だいたい肉の重さの5%の砂糖・塩をしてください。

P1020078

続けて胡椒もかけていきます。全体にうっすらかかる程度でやりましたが、ここは好みでも大丈夫な気がします。

P1020080

一通り終わったらこうなります。これで味つけは終わりです。簡単すね。

P1020081

ここから寝かせる工程に入るんですけど、塩のおかげでだいぶ水分がでてきます。キッチンペーパーで肉全体をくるんでいきます。

P1020083

P1020085

あとはラップにくるんで冷蔵庫につっこんで下さい。だいたい4〜5日でモノになります。

買ったトレーを流用すると楽です。もちろん洗って。アルコール除菌までできたらパーフェクト

カビキラー アルコール除菌 キッチン用 本体
ジョンソン
売り上げランキング: 2,149
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする