2019-20年迄に長崎スマートカード廃止検討へ、nimoca(ニモカ)導入のメリット・デメリット

なんかえらいニュースの飛び込んできたとばってん

長崎県内8交通、乗車券ニモカに切り替えへ 長崎バスは判断保留

6/17(土) 10:18配信

長崎新聞

 西肥自動車(佐世保市)や県交通局(長崎市)、長崎電気軌道(同)など路線バス・鉄道の県内8事業者は16日、運用する共通ICカード乗車券について、現行の長崎スマートカードを、2019~20年度に西日本鉄道(福岡市)のnimoca(ニモカ)へ切り替える方針を明らかにした。02年導入したスマートカードのシステム老朽化を機に利便性向上を目指す。

ほかの導入事業者は県央バス(諫早市)、島鉄バスを運行する島原鉄道(島原市)、佐世保市交通局(佐世保市)、させぼバス(同)、松浦鉄道(同)。

一方、スマートカードを運用している10事業者のうち、利用金額シェアが約55%を占める長崎自動車(長崎市)と子会社さいかい交通(西海市)は導入の可否を決めていない。長崎自動車は「利用者や地域への影響を考え、スマートカードの継続や独自カードの導入も含め、あらゆる選択肢で検討中」とし、年内に方針を示す予定だ。

スマートカードは県内独自のカードで、本県と佐賀県の一部でしか利用できない。これに対しニモカはJR東日本のSuica(スイカ)やJR九州のSUGOCA(スゴカ)など、ほか9種類のIC乗車券と相互利用でき、全国各地の鉄道やバスで使える。コンビニでの積み増しも可能。

導入経費は総額約18億円を見込む。国の訪日客対策の補助制度を活用し、関係自治体の支援も得たい考え。導入事業者では将来的にスマートカードが使えなくなるが、移行のためニモカとの併用期間などを今後協議する。準備委員会事務局の県バス協会は「観光客の利便性も向上する。交流促進につなげたい」としている。

長崎新聞社より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょいちょいちょい。これ、なかなか事件やぞ。

導入が2019−20年やけどこれあっという間だね。やー、でもとうとう踏み切ったかーって感じでもある。結構メリットもある話ではあるんですよねこれ。前々からSUGOCAやnimocaとの相互利用できないかって案はあったしね。

スマートカードは長崎でしか使えないしnimocaでいけるんなら福岡でも長崎でもnimoca1枚で済むようになる。福岡から長崎に観光できた人が路面電車やバスで小銭探してあたふたすることもないし逆もしかり。かなり便利になるとは思うっす。

nimocaならチャージ出来るとこがスマートカードと比べて段違いに多い。乗車率の高い車内ですんませんすんませんしながら積み増しせずに済むのよね。(ココウォークとか西洋館でもできるけど)

交通だけでなく買い物にも使えるやつもあるしやっぱりsuicaやSUGOCAとの相互利用可能なのが一番でかい。

福岡によく行くあっしにとってはまあまあいい事ばっかりに見えるんですがね。

いいことばっかりじゃないぞ

ただデメリットもあってスマートカードの最大の利点でもある積み増しによるプレミア。1000円につき110円加算。これが無くなる。

長崎で暮らす。めったによそには行かないスマートカードヘビーユーザーに取ってはもう痛手しかないよね。

通勤・通学でスマートカード使ってる人とか遠距離利用の人とかすっごいわかりやすい。

たとえば月20,000円の使用だったらだったら2,200円の損失よ。これが学校や会社の負担ならいいけどね。まあそういう場合は定期だからあんま関係ないか。

要は日々積み増し積み増しで使用しているユーザーは両手をあげては喜べませんよーってお話。でもそれよりもICカードが統一されるほうがメリット大きいんじゃないかなって思います。nimocaにもポイントたまる機能は多少あるみたいですが…

そうなってくると長崎バスが導入を保留する姿勢をみせているとなるとかなり混乱が予想されそうな気がしますね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする