トマトと小松菜の中華風卵スープを作る。ごま油と片栗粉がKEY

スポンサーリンク



p1030090

猫町さん最近自炊してないやないすか

許せ。忙しかったんや。忙しい自慢や。きちーきちー。

簡単なもんでもレシピは記録していこうとは思ってたのでまた新たに作っていきますよ。もうすぐこのブログもみなさんのおかげで10,000アクセスになります。食材で検索してこのブログにたどり着いていただいてる方も多くて嬉しいです。

記事数ももうすぐ100投稿。はやいっすね。振り返ると主菜が多くて副菜や汁物が全然更新できていないのがまるわかりです。一人暮らしは1品作ってよっしゃOK完了ってのがどうしても多くなるけんね。この弱点はわかってた。当初ブログ開設はこれを打開するためでもあったんでした。

そんなわけで今回はトマトと小松菜を使った中華スープです。やっと葉ものが安い日にぶつかりまして卵と相性のよいトマトとあわせてスープにしました。

材料(2人前)

p1030077

卵 1個

トマト(小) 1個

小松菜 少量パックで1袋

鶏ガラスープ 400ml

ごま油 少々

片栗粉 小1

p1030080

小松菜は4-5cm幅にカット。トマトも1cm幅に切っておきます。

p1030078

トマトは最初に刃先でチョンと刺した後

p1030079

そこから広げるようにスライドすると潰れずに切る事ができます。これ知ってから毎回やってる。ソースは安定の家事エモン。

p1030081小鍋に鶏ガラスープを煮立たせ卵以外の具材を一気に投入します。

p1030082

具材にあらかた火が通ったら火をいったん止めて水溶き片栗粉を投入し、混ぜ合わせます。

p1030083

再び火をかけ煮立っている所に溶き卵をまわしいれます。あまりに火が強いと塊になるのでまわし入れてる時は弱火でもかまいません。あとから強くしても遅くない。

p1030085

最後に風味付けにごま油をほんの少しいれたら完成です。味をみて好みで塩で整えてください。

p1030091

とろみがついたスープは中華料理はもとより色んな料理にあいます。結構保温性が高くなるのでヤケドに注意。トロミをつけすぎると猫舌殺しの攻めたスープになります。ごま油をたらすと一気に中華感がでるので便利っすね。

 

とろみ系ならこちらもよろし

酸辣湯(サンラータン)を作る。酸味と辛みのハーモニーは椎茸の戻し汁がポイント

 

和食ならこちらもよろし

わかめのかきたまスープを作る 食い合わせを選ばない有能選手

 

↓ちくしょう。めっちゃ欲しい。

この記事をシェア!