長崎ちゃんぽん・よこはま(本石灰町)正統派の王道ちゃんぽん

スポンサーリンク



思案橋横丁のちゃんぽん店シリーズもこれで一旦終結。まだまだ掘る気はありますがね。思案橋横丁でオススメの夜ちゃんぽんあったら教えて下さい。

これまで天天有と康楽のちゃんぽんを食べてきましたが今回はよこはま。

ここも超絶有名店になります。路面電車に乗って思案橋にいく車内でも観光客の方が地図を片手に「よこはまはここ」みたいな会話をされていました。

私自身もよこはまは初。

なぜ長崎で「よこはま」なのか、なぜ看板のよこはまの「こ」の字が視力検査のアレに見えてしょうがないのか。

ちゃんぽん以外にも謎は多いですがまずは行ってみましょう!

まずはショーケースを物色

基本的に思案橋横丁のチャンポンを出す店は店頭にショーケースをだす店が多いです。これは初めての方には嬉しいですね。価格や内容が事前にわかるのはすごい親切です。

ここには特製ちゃんぽんしかサンプルがなかったですが、普通盛りのちゃんぽんもあります。具材が豪華になりますので、余裕がある人は特製チャンポンを食べるのがよさそうですね。

さすがに超有名店です。入り口からサイン色紙が所狭しと飾られています。お話をお聞きすると最近では友近が来店されたとか。

ぱっと見ただけでも藤井フミヤや氷川きよし等、なかなかの顔ぶれ。

店内はソファー席と椅子の配置でカウンターはありません。しかし2名掛け席もあるので1人入店難度は全然高くありません。嬉しいっす。

ふと見回して気づいたんですけけど、他の店に比べて中華っぽい建具や家具がほとんどありません。これ特徴的やなあって思う。

間仕切りに中華のぐるぐるマークがあるくらいで、本当にファミレス感があります。

入店した時から感じた圧倒的ホーム感はこれかー。

清掃も行き届いていてすごく落ち着きます。落ち着き過ぎかってくらい。地場に根付いた地元目線も考慮した愛される店だ。

逆に中国感が欲しい観光客の皆さんは視覚的に物足りない感じがあるかもしれません。

ちゃんぽん(並)850円

ちゃんぽんの登場。まず香りがいい!しっかり強いちゃんぽんの主張が伝わってきます。シンプルながらあさり多めのちゃんぽん。配膳時のルックスは控えめですね。

スープはあっさりしながらもコク豊かです。見た目では薄そうなんですけど野菜やあさり、肉からしっかりと旨味がでているのが瞬間わかります。

あっさりしながらも王道。初見の印象はその一点。好き嫌いをあまり作らない味です。極端に攻めた味ではないんですが観光客の方も横の席でウンウン唸りながら食べてました。

具も野菜も控えめだって思ったファーストの見た目から一転。

掘っていくとでるわでるわ。海鮮もなかなかのものです。特製ちゃんぽんになるとどうなってしまうのでしょうね。

麺にも特徴があって、こちらは康楽寄りですね。唐灰汁感もあり柔らかく仕上がっています。

よこはまの営業時間は午前2時までです。どんなに遅くまで飲んでも100%間に合うよね。

ここで、よこはまの味のチューニングがあっさり気味になっているのに合点がつく。さすがに濃いーー奴を食える程深夜の胃は強くない。

好き嫌いを作りにくい調整であっさり食べやすい。これは飲んだ人の〆ちゃんぽんにもうってつけではないか。麺の柔らかさもそこを考慮したのか。

色んなことを考えながら思案橋をあとにする。

私が訪れたのは夜11時頃でしたがこの営業時間の長さで、このクオリティをブレずに出し続けてるとしたらかなりすごいことやと思います。これからも走り続けてください!

美味かったです。次回は飲みの〆に行かせてもらおうと思います!!

ごちそうさまでした!!!

 

中華料理 よこはま

住所: 長崎県長崎市本石灰町2−20
TEL: 095-821-9178
営業時間:11:00-2:00
定休日:火曜日

長崎のおすすめちゃんぽん店まとめときました

地元民の私が厳選する長崎ちゃんぽんのオススメ店まとめ

この記事をシェア!