コンセントにさせて充電器にもモバイルバッテリーにもなる ANKER POWER CORE FUSION 5000 もうこれ1台でいいんじゃないですかねぇ

スポンサーリンク



猫町
こんちゃっす!猫町です!!

わたしの家にはどうやら小人がいるらしい。

テレビのリモコン。爪切り、はさみ、輪ゴム、カッター、ギターのピックなどがいつの間にかどっかいく。

小人か。小人の仕業か。

 

「フフフ…小人が隠れ家でも作ってるんすかねぇ…かわいいじゃないですか…」

 

小人とは互いのプライバシーを尊重してうまくバランスとって生活してた。

 

はずだった。

 

小人はこの前とうとう1番あかんやつ持って行った。

 

待て待て待て。

いかんよ。これはいかんよ。

 

いや、もうこの充電器無いってわかった瞬間マジで布団からなんからひっくり返したわ。

まだ iPhone 買ったばっかやけん良かったもののこれが2年以上使い込んで電池の減りが異様に早いスマホやったら充電器無くしたら詰む。マジで俺おわる。

それくらい充電器が無くなることはわたしにとって死活問題なのです。

 

やっぱこういうことあるけんサブでもう一個くらい充電器買うかな〜。でもなぁ〜なんかもったいないよなぁ〜」って思ってたら

Amazon先輩が「こんなんあるで」って紹介してくれたんす。

 

それが今回紹介する「ANKER POWER CORE FUSION 5000」でした。

使ってみて「良いやないすか!これ!」ってなった。最初にモバイルバッテリー買うならとりあえずこれ選んどけば幸せになれます。

 

急速充電器 & モバイルバッテリー。2通りの使い方ができる ANKER POWER CORE FUSION 5000

猫町
写真の通り本体にコンセントへの差し込みプラグが内臓されています。

モバイルバッテリーの絶対王者 ANKER の中で Anker Power Core 10000 と並び絶大な人気をほこります。

ただでさえ人気なのに今年のAmazonプライムデーではセールとなり売れに売れまくった商品です。そういうこともあってか2018年9月現在 amazon ではホワイト色に関しては少し値上がりしています。

この商品の最大の特徴はモバイルバッテリーとしてだけではなくプラグ付きで急速充電器としても使えるという点にあるのです。

 

モバイルバッテリーとして使用する時はこんな感じ。容量は 5000mA hとiPhone8を約2回ほど満充電することができます。日々使用する分には十分すぎるくらいの容量です。

バッテリー残量は本体についた青色のインジゲーター3つで表現されます。ANKER のモバイルバッテリー製品共通の仕様ですね。

 

コンセントにさせば急速充電器として使用できます。デバイス側の充電が終ると本体側の蓄電が始まる仕組みとなっています。

てかこれあったら純正の充電器いらないじゃないですか…この商品が売れる理由がわかった気がします。

 

モバイルバッテリーの蓄電の面倒臭さを解消

猫町
従来のモバイルバッテリーは Micro USB を差して、アダプタつけてコンセントにさして…なんかをやっていました。

いや、たいていの人はパソコンがあると思うんで Micro USB だけあればいいし常時差しっぱなしにしとけばいい。 Micro USB + アダプタ派の人も差しっぱなしにしとけば面倒臭さはないわけです。

ただ Micro USB やアダプタを用意する必要がありますよね?これがケーブルやアダプタが無駄に増える原因になっていたのです。

そしてPCも起動しなきゃだし USB の差し込みを余分に1つ食ったりして他の USB デバイスとの取り合いも発生して抜いたり差したりの手間がありました。

 

じゃあ ANKER POWER CORE 5000はどうだ

スッ

 

シンプル。まじシンプル。

本来充電ってこうだよね…これやったら家中どこのコンセントでも蓄電できるし取り合いも発生しにくい。わざわざPC起動させなくてもいい。

本体だけで完結できる。これも ANKER POWER CORE 5000 の強みですね。無駄に Micro USB ケーブルも増えずに持ち物もスッキリします。

iPhone を使う人は Micro USB を使う機会なかなか無いですもんね。できればライトニングケーブルと TYPE-C ケーブルだけで統一したいですもの。

 

猫町
じゃあコンセントないとこではどうすんの?

USBの差し込み口の下にはMicroUSBの差し込みも完備してあって従来方式の蓄電も可能だぞ。コンセントが無い出先だとまだまだノート PC からの給電も必要だし。ANKER こういうところはさすがにぬかりないっすね。

注意
Micro USB の差し込み口は入力専用なのでデバイス側への出力はできません。出力はUSB-Aの2ポートのみです。

 

もちろん蓄電しない時はプラグの差し込みは収納できるようになっている。

 

USBの差し込みが2ポートあるのでデバイスの同時充電が可能

猫町
5,000mAh の小容量のモバイルバッテリーとしては珍しい仕様です

iPhone・ iPad・ iPod ・Android 以外にも KindleやモバイルWi-Fiのルーターなど USB のモバイル機器ならたいがいのものは充電できました。さすがに Mac book  は無理ですけどね。

引用:ANKER|楽天市場店

USBは急速充電できるメリットの他 ANKER 独自の技術である「POWER IQ」が採用されており、接続されたデバイスに応じて最適な充電方法で給電してくれるので機器へのダメージを心配をしなくて済むのがありがたいっす。

また2ポートあるのでデバイスの同時充電も可能です。これも特徴的ですね。たいがい5,000mAh のモバイルバッテリーは1ポートですもんね。

 

ANKER POWER CORE FUSION5000 の構成品

ANKER POWER CORE FUSION 5000 の構成内容は以下の通り

  • Anker PowerCore Fusion 5000
  • Micro USB ケーブル
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証 (※注文番号が保証書の代わりとなります)

 

 

ANKER POWER CORE FUSION5000 のサイズ&重量

サイズは 72mm x 70mm x 31mm

Mac のマウスと比較するとこんな感じです。横幅がちょうど手のひらいっぱいくらいですね。

31mm と少し厚みもあるんで薄型のモバイルバッテリーに慣れてる人は太めな印象を受けると思います。

重さは 189g と手帳型ケースをつけたiPhone8とほぼ同じ。5,000mAh クラスとしてはちょっと重いですね。

1台2役ゆえかもしれませんがここがデメリットな部分かもしれません。

 

旅行の時はこれとケーブル1本だけでいいかもしれない

猫町
今まで充電器とモバイルバッテリー用意してたけどこれとケーブル1本あればいい。荷物が減りますねぇ

旅行の時はホテルや旅館にコンセントあるけんそこで充電器として使って日中はモバイルバッテリー使い。長期の旅行もこれ1台で良さそう。

余分なケーブルや充電器も必要なくなるのは旅行で使うにはかなりアツいです。コンパクトなんで普段使いにもいいっすね。

最初の1台に買うべきでしたねぇ。amazon ではホワイトは値上がりしましたけどブラックはまだ価格据え置きなんで狙い目ですぞ!

ではでは!今日はこのへんで!猫町でした!

\こん記事ば今からシェア/