レヴォージュ (油屋町)こんなとこにフレンチ店!ご褒美ランチは前菜からフルスロットル!




猫町
こんちゃっす!猫町です!

前回『おれのパスタNo.1が動いた…!』とゴリゴリにおしたピアチェーボレの投稿後、

『ここもいいですよ〜』と教えてもろたのが今回の『レヴォージュ

さすが女性のみんなは店をよく知っとっすね!

そんでさすがに色んな人から推されるだけあります!美味しいランチを食べてきましたよ〜

浜の町周辺でフレンチを探してる人はぜひ参考にしていってください!!

 


レヴォージュへのアクセスマップ

猫町
えっ…ここ!?マンションじゃなくて…!?

お店に向かって歩いていてマジで最初完全にスルーした。

『またまた〜』って思うやないすか?これマジぞ。ほんとわからんかった。

Google MAP見ながら歩いてこれやけんほんとわかりません。

それもそのはず外観はマンションとまったく変わらんのんすよ。

 

よくみたらエントランスに店名が掲示されてるんで『あっ、ここが店なんだな』ってわかります。

そもそもわたしが早く来すぎたってのもありまして…

開店30分前くらいにはお店の前の道にもメニュー看板がだされるんでそれほど心配せんでいいっす。

ただ、ぼーっとしてると間違いなく見過ごしますよ!

Google MAPも置いておきますね。

ツル茶んの通りを崇福寺の方向へ歩いていくと言ったらわかりやすいすね。

 

優しいボサノバが流れる店内は温かい空間

猫町
4名がけはもちろん2名がけの席も多く、おひとり様でも行きやすいぞ。

入り口をはいって右側がこんな感じ。入って左側にはカウンター席もあるよ!

客層は30代以上の女性が多く、私が行った日は10〜20代前半はほとんどいなかったですね。

そのせいか店内は落ち着いた空気感がありました。

暖かい照明とBGMのボサノバもあいまって皆さんゆったり食事を楽しんでいました。

ゆるりと2人で食事を楽しみたい人にはうってつけでしょう!使えるシチュエーションが多そうっす!

猫町
特徴的なのがテーブルを隔てるこの仕切り。視線が気になる人にはいいっすね!

各テーブルは写真のように仕切りが設けられてある。

隣のテーブル席からの視線が気になる人は助かるつくりとなっているんすよ。

これ珍しいっすね。オープン席でもこういう配慮があると嬉しい。

そこまで圧迫感もないので気になりませぬ。

そんでこれ固定じゃなくて可動式なんで、はずすことも可能やと思いますぞ。

もちろん写真のようなゆったりとしたテーブル席も完備してある。

この窓際の席は特等席だなぁ。陽の光もよく入ってくるので小春日和は気持ち良さそうっす。

 


レヴォージュのランチメニュー

猫町
基本的にどのコースも前菜の魚介サラダがなくなり次第終了!早めの来店が吉だ!!

ランチメニューは店外にも掲示してあります親切っすね。入店前にチェックしとくといいす!

コースだけ以下にご紹介

サラダコース 1,300円

  • 前菜
  • 本日のスープ
  • パン
  • コーヒー
  • デザート(+400円)

パスタコース 2,000円

  • 前菜
  • 本日のパスタ
  • パン
  • コーヒー
  • デザート

デジュネコース 2,500円

  • 前菜
  • 本日のスープ
  • 本日のメイン料理
  • パン
  • コーヒー
  • デザート

デギュスタシオンコース 3,400円(前日まで要予約)

  • 季節の前菜
  • 本日のスープ
  • 本日のお魚料理
  • 本日のお肉料理
  • パン
  • コーヒー
  • デザート

 

補足
サラダコースは平日だけの限定です!注意!

 

前菜からフルスロットル!魚介サラダは目でも楽しめるぞ!

猫町
目にも美しい前菜はフレンチの楽しみのひとつ!スモーキーなサバがやたらうめぇ

今回は2,500円のデジュネコースをチョイス!まず運ばれてきた『レヴォージュ風魚介サラダ』にテンションがあがります。

サバのスモークときびなごのフライがデンっ!って乗った豪華なサラダです。サーモンも隠れてるぞ!

サバはスモーキーで味わって食いたくなるしキビナゴはカラッとあがって大変クリスピーっす。

これをフレッシュな野菜が支えます。柚子の刻みがテイスト・見た目の両面に華やかさをプラス!

サラダの前菜って味が平坦というか『のっぺり』しがちなんすけど、今回のレヴォージュのサラダは別格。

食感・味に至るまでここまでメリハリの効いたサラダは久々でした。

しかもこれなかなかボリュームあるんすよね。お腹すかせてきたほうがいいっすよ。

サラダとあわせて食べたいハードパン。サーブ前に温めてきてくれるの嬉しいっすね!

黒ごまの香ばしい匂いがすっげぇ印象に残ってます。ただのパンとあなどるなかれ!

 

カリフラワーのスープ

カリフラワーがスープって珍しいな〜って思いながら味わせてもらいました。

いや、正直もっと淡白な味かと思ったけど旨味がしっかりでるもんすねー!シェフの技か。

魚介サラダのドレッシングが酸味寄りのテイストだったってのもあるんだけど

あたたかく優しい味で口ん中が調和されます。ホッとするスープでしたぞ!

 

メインの肉料理は雲仙豚のビール煮!

猫町
むっちゃくちゃ柔らかいお肉だった。ほんっとにホロッホロの状態!

まってましたのメインは『雲仙豚のビール煮

とにかく炭酸とビール酵母でお肉がめちゃ柔けぇんすよ…

しっかり煮込まれてるのでビールの味はしませんが、ビール酵母のおかげで豚肉の旨味がグッとアップ!

特徴的なのがスープによけいな味付けがされていないこと。

雲仙豚の良質な味を最大限に引き出した料理になっています。ハーブのパン粉がよいアクセントになっていますぞ。

猫町
ナイフもこの通りスッと入る。角煮でもそうそうこんなんならんて。

ビールの炭酸が豚肉の繊維をやわらかくしてんのがよくわかる一コマ。

メニューは『今日のメイン料理』て記載だったんで毎回この料理がくるわけじゃないけどこのクオリティなら他の日のメイン料理も絶対うまいって確信しました。

 

デザートがコーヒーとめっちゃあう。至高の食後を体感できるぞ!

猫町
まわりの人達もこれが運ばれた後キャッキャしてましたね…そら浮かれるよね綺麗かもんね。

みんな写真とってたような気がします。デザートは『クリームブリュレ

最後まで目にも美しいランチコースでした。

上に乗っているコーヒーアイスがちょっと得した気分になります。もちろん味もええぞ!

 

猫町
知ってるー!スプーンの裏でコツコツするやつー!

い、一回やってみたかったんや…

『クリームブリュレ風の何か』だったらいっぱい食ってきたけどマジモンは初めてでした。

結構硬いんすねこれ。パキッていうぞ。パキって。

猫町
うひー!あんめぇー!!

キャラメルのほろ苦さの中から幸せな甘さが広がります。

すっごい甘いのにくどくない!なんすかこれは!?

上品っていう表現とはまた違いますねこれ…クリームブリュレってこんなうまいんすね。

たっぷりのバニラビーンズ&濃厚で甘い仕上がりはよいカスタードの証。

個人的にサラダコースの人も+400円でこれつけたほうがええ気がします。うめぇっす。

焦げたカラメルがまた香ばしくてうまいんすよね。ずっと買おうか迷ってたけどおかげさまで決断。帰りがけにOKホームセンターでトーチバーナー買いました。

猫町
ブリュレの甘さを引き立てる!ばっちりコースがしまります!

コーヒーはブラックでオーダー。コーヒーもうめぇ。ここはぜひブラックで。

ドルチェの甘さがコーヒーのコク・苦味・深みを引き立てます。はじめてスイカに塩かけた時思い出した。

お互いええとこがでます。ドルチェとコーヒーはセットでいただこう!

もちろん砂糖とクリームはつけてもらえるから甘党の人もそこは気にせずOKぞ!

 

サラダコースでもじゅうぶんボリュームがあって気軽にフレンチが味わえる

猫町
前菜からフルスロットル!!女性はこれだけでお腹いっぱいになるかも!

デートはもちろん、気心しれた友人と2人ご飯にもいいすね!クリームブリュレをコツコツしにいきましょ!

全体のボリュームとしてはかなり満足できます。多分今回のデジュネコースはたいがい男性でもお腹いっぱいになると思います。

少食の方は平日サラダコースで土日祝はパスタコースがいいかも!

んで混み具合なんすけど土日祝はやっぱ予約がかたいです!!

この日もオープンして1時間経った頃には予約のお客さんでいっぱいに!

はやめに来店すればまだ予約なしでもいけるかもしれませんが大事な席では予約が堅いですぞ

おいしいフレンチをありがとうございます!また来ます!!

ごちそうさまでした!!!

 

レヴォージュ(Les Voseges)
住所:長崎県長崎市油屋町2-37 2F
営業時間:11:30-15:00(L.O14:00) 18:00-22:00(L.O.21:00)
電話:095-895-8050
定休日:水曜日

この記事を今からシェア