長崎市・岩川飯店 猫町が年間20杯以上食べていた皿うどんがこれっす!!

スポンサーリンク



 

以前、この近辺をよく仕事でまわってまして、もう中毒のようにこちらに昼ご飯を頂きに行ってました。

実はこのブログ「猫町飯店」の飯店の由来はこちらからきてます。ブログ名どうしようかなあって思っていた時、よく行っていたこの店の響きがなんかええなあって思って。「猫町」ってのは長崎の尾曲がり猫からきてるんすけどね。

当時から人気店でして。しかしながらネットにそこまで情報も落ちてないと思います。正直あんまり有名になってもらったら困るくらい思ってましたね当時は。

少人数しか入れないけど、待つ価値ありや

正直あんまり有名になってもらったら困る。って書いたのがキャパの問題でして。カウンター5席、2名掛けテーブル1台、4名掛けテーブル2台しかないのですわ。

当然カウンター奪取にいくのですが、お昼にはこの界隈の方々が一斉にいくもんでね。当時は「土曜の昼に岩川食わんと体調が狂う」くらい思っていたので死活問題でした。なので時間帯をずらして来店してました。

本当に近隣の方々が愛されているお店でありまして…観光客なんて一切こなくてもカウンターが余裕で埋まる事もあります。

メニューの主力はやはりちゃんぽん皿うどんですね。600円という値段設定はずっと変わってないっすね。値上げする店も多い中、素晴らしい努力です。

余談ですが、まぁいうて観光客もくるわけですが外国人の観光客がメニューにあるそぼろちゃんぽん(特製)はなんですか?という英語での問いに「スペシャル!スペシャル!」と対応されたというエピソードを聞いてますますファンになりました。又聞きの情報なんで真相は確かではないのですが今度聞いてみようと思います。

皿うどん太麺(600円税込)

この皿うどんをブログ開設当時までは年間20杯ほど食べていました。いまでこそ色んな店に行くようになりましたが本当にあの頃から本当にうまい皿うどんだなあって思っています。

なんといっても特徴的な餡。甘いです。最初はこの餡にびっくりしましたね。でも食い終わるときはおかわりを考えていました。あの餡が家でできたらと何回も思いましたね。

具材はオーソドックスな中にあさりが入った極めてシンプルな構成です。麺は焼き色がしっかりはいってパリッとしとんやけどそれぞれの麺がひっついていない。丁寧な作り。そのお陰でズルズル気持ちよく食える。

その麺に先述の餡がバッチリ絡まり、シンプルで主張を押さえつつもシャッキリした野菜が後押しするこの感じ、もういわずもなが最高になるわな。夢中で啜れんだよこれ。

あの餡をいかした中華丼もまた俺は大好きで、気分によってオーダーを変える。中華丼は簡単に言えば麺が白米になるって感じだね。量的にもお昼ご飯には最適だ。もうちょい欲しいなってくらい。まあ平日にお腹いっぱいになったら仕事中眠くなるしね。

ブログを始めた時、まっさきに書こうと思った今回の記事。でももしブログみた人で俺が座れんくなるくらいになったらどうしようとか当時の猫町青年は本気で恐怖を抱いていました。まじでおまえどんだけだよwwwwって話だ。

まあそのくらい好きな皿うどんなワケよ。みんなも浦上エリアにきたら思い出して食べにいってみてください。オススメばい!

いつも美味しい皿うどんありがとうございます!!またきます!!

ごちそうさまでした!!!!!

 

ちゃんぽんもうめえぞ!!!

https://nekomachihanten.net/post-4993/

 

岩川飯店

住所: 長崎県長崎市岩川町10−19
TEL: 095-849-2227
営業時間:11:00-
定休日:日曜日・祝日

岩川町ならこちらも寄って見るといいっす!

岩川町/マルコポーロ サックリ甘いベルギーワッフル 

岩川町・酒と飯GENKI屋 祝復活!浦上エリアの猫町激推し店!

この記事をシェア!