鶏肉ときのこのトマト煮込みを作る。トマト缶で手早く。ご飯にあう味付けを目指して。

スポンサーリンク



P1010738

鶏もも肉としめじの具だけで満足のいくボリュームになります。トマト系のおかずが欲しいなって時に重宝してます。

 

鶏肉とトマトは本当に相性がいいですね。生のトマトはなかなかハードルが高いので年中手に入るトマト缶を使います。されどトマトはこれから旬を迎えるのでもちろん使ってもOKです

しっかし、まぁトマト煮込みはごはんに合わない!なので今回ごはんに合わせるのを前提にした味付けをしてみようという暴挙にでた記録です。

材料

P1010715

鶏もも肉 半身1枚

しめじ 1/2〜1パック

にんにく 1片

生姜   1片(親指大)

たまねぎ 1/2個

ごま油 大1

▼調味料

豆板醤 小1

オイスターソース 大1

砂糖 小1

塩 少々

ブラックペッパー 少々

 

鶏もも肉は1口大に、しめじは石付きをとってバラしててください。しょうが・にんにく・たまねぎは粗みじん切りにします。

P1010717

ごま油を弱火で熱し、みじん切りにしたにんにくを加えていき油に香りをつけます。

P1010719

つづいて生姜たまねぎを追加していきます。本来チリソースなんぞがよろしいのでしょうが今回は和風で。豆板醤を加えてしばらく炒めます。各具材がしんなりなるまでやります。

P1010721

具材がしんなりなってきたら端に寄せ、空いたスペースに鶏肉を皮からいれて焼いていきます。やってて思ったけど、これ玉ねぎの前に鶏肉から焼いていったほうが効率よかったんじゃねーの…?という脳内会議が始まりましたが強制終了させました。皮に焦げ目がつくくらいが個人的に好きす。最終的に煮込むので焼き過ぎなくてもよいです。脂もようけ出ます。全体的に色づくくらいまで炒めてください。

P1010724

しめじを投入してしんなりなるまでもうしばらく炒めていきます。

P1010727

トマト缶を投入。これクソ安いやつでいいです。各スーパーのそれぞれ使ったけどまじでどれも大差ない(高い奴がお金なくて買えない

P1010729 P1010731

オイスターソースと砂糖を加えて、フタをして弱火で煮込んでいきます。目安は10−15分程。煮詰まってきたら食べごろです。

P1010733

煮詰まったら味見してみて足りなければ塩と胡椒を追加してみてください。あったらネギでもちらしたいところでしたが切らしてました。

P1010739

普通はパンと合わせて食うのでしょうが、中華系の味付けでキメたのでご飯に合いました。トマトと鶏肉は普通にオリーブオイルやチリソースで作って全然おいしいのですけどいかんせん私の主食は米なんすよね。おごちそうさまでした。

▼トマトソースをつくっておくと調味の手間がはぶけます。今回のように中華味にするために味付けしておかないのが肝です

シンプル素材で基本のトマトソースを作る。作り置きで一人暮らしにバリエーションを

▼鶏肉としめじが余ったら使い回しでこんなんも

鶏肉ときのこの炊き込みご飯を作る。炊飯器超有能説を実践

鶏肉としめじのガリバタ味噌炒めを作る。米を1合多めに炊かなかった無能

この記事をシェア!