チャーシューを作る。うますぎる。確かに用意したのは肉と醤油だけだった。

スポンサーリンク



P1010933

「1枚2枚とは言わず、もう気が済むまでチャーシューを食い散らかしたい。」

 

かれこれ何十年もそんなこと考えてました、やれ煮込みだやれ下味だ。ちくしょう。敷居たけえええええええ!!!!なーんて思っていたんですけど簡単に作れるという話があってやってみました。

 

醤油と肉だけでできるらしい。まじか。

マンガ食堂の梅本ゆうこ先生がブログで紹介されていました。

東海林さだおの簡単チャーシュー

東海林さだお先生は料理漫画家の方らしいでその中でもかなり有名な料理らしい。やるしかねぇ、チャーシュー食い散らかすぜ。

材料

ブロック肉

醤油

P1010892

以上。やべぇ。最高にクールだ。ネギの青い部分とか生姜とか砂糖とか一切使わんげな。これだけでいけるってのが本当に信じられねぇ。

肉の部位はどこでもよからしかけん、とりまモモ肉を。ロースとか脂の多い部分でもチャレンジしてみたいすね。

ここで肉を茹でる前にタコ糸で肉をしばります。ぐるぐる巻きでもよかとばってんガチめなやつでやってみました。

ブロック肉のしばり方。ええ歳やけちゃんと肉に敬意を払おう豚モモ肉編

やってみたら意外と簡単でした。

 

P1010910

肉をまいたらお湯にドボン。30分煮込みます。

P1010911

茹であがった図。串や箸で刺してみて肉の赤い汁が出ずに透明な肉汁がでたら火が通った証拠です。赤い汁でたらもうちょい煮込んだほうが無難ぽかっすね。

P1010915醤油に肉をつけ込んでいきます。元祖はペットボトルを切ったものを使っていましたがちょうど海苔のいれものがジャストサイズだったので流用しました。

P1010919

容器は肉のサイズほぼジャストでしたがそれでも醤油はドボドボ使いましたね。300mlくらいは間違いなく使いました。肉は280g程度でした。

P1010928

20分つけ込んだ所。おー。なかなかええ色になってます。

P1010929P1010934

切ってみるとそこには完全にチャーシューになったモモ肉がありました。ラーメンに乗ってても遜色ないっす。お味はじっくり漬けたわけでもないのにしっかり味がついていました。塩辛いわけでもなく醤油に殺されるわけでもなく、肉味。直球でいってしまえば「あ、チャーシューだコレ」少し辛口に言うと買ったブロック肉が小さかったこととモモ肉だったこともあって少し固い食感だな。と思いました。茹で時間を少し短くとって脂が多い部位を使ったらもっと違っていたかもしれません。しかし間違いないです。この料理。だって今ビール4杯目です。

▼スタンダードなチャーシューの作り方ならこちら

肩ロースブロックでチャーシューを作る。最強つまみは煮込むだけ。嗚呼それでもやっぱり肉が好き。

 

この記事をシェア!