長崎ちゃんぽん・東角(三芳町)根強い人気のゴマが突き抜ける個性派ちゃんぽん

スポンサーリンク



猫町
いつも情報アリガトウゴザイマァァアアス!!

長崎ちゃんぽんの食べ歩きもこれで何件目でしょうか。たくさん食べてきましたがさすがは長崎のソウルフードっす。ここも美味しいヨ!って店の情報は根強く入ってくるっすね。

今回ご紹介するのは東角。以前から行こう行こうと思っていた店です。でも駐車場がいつも満車でとめれず諦めていたんです。(3台しか停めれんとさね)

しかし美味いよって情報や『子供のころおじいちゃんに連れていってもらったワイの思い出の店なんや…猫さん頼むで…』そんな猫町のリアル友人からの推しもあり歩いて行ってきました。

アクセスマップ

最寄りの電停は岩屋橋。近くにはファミリーマートを分岐路としたY字路があります。

踏切も近くにあるってんで交通が混雑しやすいっす。一時停止しない車両がいっぱいおるけん警察の方の取り締まりスポットになってるっす。ルールは守らんばね!

店舗内観 カウンターとテーブルがあります。

個人的にこういう中華を扱う所の赤色のカウンターはテンションがあがります。

店内はカウンター7席・4名掛けテーブル2台・2名掛けテーブル1台。カウンターのピッチも広めで窮屈さもありません。

客層はやっぱり男性が多いっすね!20代〜50代くらいが高回転で入れ替わっていました。

常連さんらしか人がいっぱいおったっすね。愛されているのがわかります。

猫町
入店直後に『ちゃんぽん』っつってカウンターに座ると同時に席下の週刊誌を手にとりグラビアに目を落とすおっちゃん。この間わずか5秒。最高にかっこよかった

こんな常連さんになりたいっす。まず店との信頼関係が構築されているのが前提で、なおかつ鍛錬を重ねないと、こがん風にはなれんよ…

おでんもアップ済みです。サイドメニューも評判がいいっす

バリバリ良か色に染まってました。これからの季節たまらんっすな。おでんの他にも餃子などのサイドメニューもいいっすよ!って情報をいただいておりました。評判いいっすね。

猫町
こういうところで食うおでんってうまかっすよねぇぇ!!

ちゃんぽん 650円

これが東角のちゃんぽんです。アッツアツでやってくるぞ!みるからに美味そうっす!!

最大の特徴。圧倒的なゴマの風味。長崎市内でも有数の個性派スープです。

猫町
!?こいつは今までになかった’’味’’だぜぇぇぇぇ!!!

パッと見、かなり濃い色のスープで、豚骨押しのパワー系かと思ったんすけどこれが違ったんす。

ゴマですね!独特の香ばしい匂いが食べる前から伝わって来ます。これがかなり強いっすね。今まで数多くのちゃんぽんを食べてきましたがこれは初めて出会う味やったっす!

かといってちゃんぽんスープのベースはしっかりしています。だいぶゴマが強いんですが野菜の旨味も負けじと追いかけてくるスープっす!!

安いのにめっちゃハイボリュームの具材!ありがてぇぇ!!

猫町
市内のちゃんぽんの中でもトップクラスの充実さがあるっす!

うまいちゃんぽんの条件といわれる『あさり』をはじめ海鮮も多い。もちろん豚肉、かまぼこ、きくらげなどなど。600円クラスでここまで充実しているのは少ないっす!

そして決め手はたっぷりの野菜。これがゴマに負けないスープを生み出すのかもしれません。厨房で踊る中華鍋が非常に重そうっす!

麺はモチモチながらソフトめの食感

麺はモチモチしていてスープとの相性もいいっす!太めでソフトな食感も特徴的でした。スープをしっかりひたしてワシワシ食べると最高にGOODっす!

食べに行った後日、そのちゃんぽんにラー油をたらすとさらに美味いぞ!って情報がはいってアイター!って思いました、次回はやるぜ!

猫町の新たなちゃんぽんの歴史を刻んだ店でした。中心部から離れているので観光客の方はなかなかアプローチしずらいでしょうが、こういう店のちゃんぽんこそ食べて頂きたいっすねぇ!

美味いちゃんぽんをありがとうございます!また来ます!!

ごちそうさまでした!!

東角
住所: 長崎県長崎市三芳町5−40
営業時間:11:00-20:00
定休日:火曜日

\こん記事ば今からシェア/