とも也(賑町)”肉ぶ”と鯖鮨が強すぎる!長崎市のうどんならここばい!

スポンサーリンク



おいす。猫町です。寒ぅなってきましたねぇ。

最近福岡でうどんを食べることが多く、よく記事にしていたんですが、長崎市ならばこちらも行かんばつまらんね!ってことでやってきました。とも也。

長崎市で讃岐うどんといったら真っ先に名前があがる店で、ここを推す声はよく私の耳にはいってきます。

猫町飯店の投稿フォームにも愛のあるメッセージが2件入っていました。愛されてんなぁ。

土曜の昼間にいったんですが行列ができてまして入店までしばし待ちました。早めの来店が吉っすよ!

アクセスマップ

賑橋電停から長崎市図書館のほうに坂道を登っていく途中で左折すると、とも也はあります。車でいく時はそのルートだと一方通行で進入禁止になって詰むのでメルカ方面からアクセスしてください。店舗の近くには100円パーキングがありますぞ。

メニューは多種多彩。カスタマイズも聞いてくれるぞ。

メニューは店頭に掲示してある。とも也は麺の多さがオーダーでき、値段も変わる。

  • 大盛り(2倍量) 150円増
  • 中盛り(1.5倍量) 50円増
  • 小盛り(2/3倍量) 30円引
  • 極小(1/2倍量) 50円引
猫町
学生は2倍量は50円増・1.5倍量は無料です。嬉しいね。

ただ注意して欲しいのはありがたいんですが普通でもかなり麺の量が多いです。大盛りはお腹ペッコペコな状態でやるのが吉っす。

近くにいたリーマンは小盛りでオーダーしてましたしね。

トッピングも多くて

  • ネギ
  • おろし
  • 玉子
  • 温玉
  • 天ぷら
  • わかめ
  • きつね
  • 山芋 などなど

自分好みのカスタマイズが可能になっている。麺のコシも選べたぞ。

肉ぶっかけがオススメ!特に冷(ひや)は讃岐うどんらしさを体感できる。

肉ぶっかけ(冷)580円。丼一杯できた。これが普通盛り。やっぱ多いっすよね。

通称『肉ぶ』と言われるメニューで、これを頼むお客さんは非常に多いっす!店員さんの『肉ぶイチでーす!』が飛び交う。

個人的に温い肉ぶっかけの『肉ぶホットでーす!』の語感が非常にじわじわくる。

デフォルトで薬味もついてきた。大根おろしとネギだ。これは嬉しい誤算だった。

肝心のうどんはさすが讃岐を謳っているだけある。これはうまいっすね…

麺はソリッドな角断面のフォルム。そこには顎を粉砕するレベルのコシがある。特に冷でオーダーするとかなり強いコシが楽しめます。

猫町
喉越しが秀逸ばい!!欲張って口にいれると詰まるぜ!

甘辛い肉がまたダシにあう!たまげたなあ。長崎市内でもこんなうどんが食えんだね!

鯖鮨(180円)もマストなんすよ!

肉ぶっかけと合わせて是非食べて欲しいのが鯖鮨。これが2切れ来るんだけど。鯖がしっかりシメてあって美味さがギュッと詰まってる。

そしてデカイ。シャリも固めに形成されてるんでかなりボリューム感あります。酢もきつくなくうどんと一緒に食べるのがマストっす!

ちなみに単品注文だと230円だ。ばってん単品で頼む人も多かったっすよ。売り切れになることも多くかなりのファンがいるんですわ。是非食ってみてください!

平日5時からはうどん居酒屋使いも

平日(月〜金)は夕方からも営業している。あんかけうどんなど面白いメニューもあったぞ

また酒の肴になるようなメニューも提供してるっす。だし巻きに板わさ、〆鯖とか肉豆腐とかこれは飲まなきゃ嘘っすね。

ビールや焼酎もあるんですが、『讃岐焼酎』なるものも提供していたんす。むぎ焼酎のうどん湯割りらしく初耳でした。一回飲まんばつまらんね。あったまりそう。

とにかく人気のとも也。店内そこそこ座れるけれど満席になること多いんすよ。

あと店内かなり照明を落としていまして。静かな曲がかかっていました。そこにこだまするうどんを啜る音。So Cool。

とも也はたまにうどん玉を無料でお客さんに配布している。もうありがたさしかない。しかも1袋にめっちゃ入っているんすよねえ。

うまいうどんをありがとうございます!!また来ます!!

ごちそうさまでした!!

讃岐手打ちうどん とも也

住所: 長崎県長崎市賑町5-25-2
営業時間:11:00-14:30 17:00-21:00(土・祝はお昼のみ)
定休日:日曜日
諫早市で讃岐うどんなら『かの家』をオススメするっす!

あわせて読みたい

諫早・かの家の讃岐手打ちうどん ここはうめえよ…是非とも食って欲しいとり天ざるうどん

この記事をシェア!