猫町の名刺を作りました!デザイン知識なしで簡単にかっこええのが作れる「whoo」はいいぞ。

スポンサーリンク



猫町
こんちゃっす!猫町です!!

うぇーい!

名刺作ったっすよー!!

いやね、もういい加減作らんばつまらんて思いよったんすよ!!

他のブロガーさんやメディアの方ともお会いする機会も徐々に増えてきたんですけどね

相手から名刺をもらうばっかりでなんか申し訳ねぇ…ってずっと思ってたんす。

 

コメリで厚紙買って手作りでなんとかしようと何度か試作したけど…無理ゲー!!!

厚紙地味に高かったし、できあがったやつダサすぎ泣いた。

 

もうこれは人に頼むしかねぇ!!って涙を拭いて立ち上がりました。厚紙は速攻で捨てた。

 

いまやBASEやココナラなど色んなところで個人のクリエイターさんが『名刺作りますよ〜』って格安で提供してるけど、

コミュニケーション能力ほぼ皆無のわたしがネットオンリーのやりとりでできる気がしねぇ…

なんかさ、そこまで納得いかない状態でも手直し依頼を繰り返してるうちに悪い気になってきて

『あっ!それでOKっす!』

って言っちゃいそう。これはお互いに良くない。なぁなぁダメ絶対。

 

『どうすりゃいいんだ…さすがにデザイナーに直接頼むお金なんてないぞ…』

 

途方に暮れたわたしでしたがめっちゃフィットするサイトを教えていただきました。

それが今回紹介する『whoo』です。

 

デザイン名刺が簡単に作れる『whoo』

カスタムデザイン名刺【whoo】

猫町
もっと早く知ってれば…!デザイン知識無しですごい簡単にええ感じの名刺ができますぞ!

どこで作るか悩んでた時にブロガー仲間から

これええで

って教えてもろたサービスです。情報センキュゥゥウ!!

友人のおすすめにハズレなしですね!作るのめっちゃ簡単でした。

オフ会などで気軽に渡せる名刺が欲しい。

でもせっかくならかっこええやつがいい。

そんな人には抜群っす!

  • 全体のデザインやスタイルは選ぶだけ
  • 自分で入力するのは名刺の文面や写真だけ
  • 加工・仕上げも選ぶだけ
  • サイト内で発送まで完結。細かなやりとりなし

 

デザイン性の高い名刺が欲しいけどめんどくさがりな人や、学校外や職場外でサークル活動やクリエイティブな活動を個人でしている人にはええっすね。

とにかく『コレ、コレ。そしてコレ』てな具合に選んでいくだけでええ感じになります。魔法かな。

ただね、やっぱり選んでいくだけなんで

バッチバチにこだわった細かいカスタマイズはできないっす。

しかしオフで使うにはお釣りがくるクオリティがありますぞ!

料金も普通にオーダーメイドで作るより安かしね。

 

whooの名刺は3サイズから選べるぞ!

デザイナーの中でもミニサイズで使ってる人多くなりましたね。初めてもらった時すごく印象的でした。

もちろん普通の名刺サイズもありますよ!

 

仕上がりにもこだわれるwhooのスタイル

通常のスタンダードな仕上がりは当然あるんですがこの他にもこんなのが

color(カラー) 3枚に紙を重ねて縁にカラーリングを施したデザイン
Haku(箔) 立体的な金箔と上質な光沢が特徴
clear(クリア) Hakuと同じくデザインの立体感が特徴だがこちらは透明感のある装飾が印象的

 

光の加減で輝いたりと、視覚でもインパクトを残せるデザインもあります。

こちらはスタンダードなものに比べ料金が多少あがりますね。でも作例みたら『欲スィ…』ってなるぞ。

 

デザイン豊富スギィ!!!

猫町
本当に紹介しきれねぇ!ここ多すぎて迷う迷う!!

スタイルは数えるほどなんですけど、それぞれのスタイルにデザインがめちゃくちゃあります。

スタンダードだけで300種類近くあるんで目を通すだけでも楽しいっす。

ここから好みのデザインを選択して名刺をデザインしていくんですけど、どれもこれもかっこええのでそれはそれは迷います。

whooで名刺作る時はまずここでデザインを決めるのがもしかしたら一番の難所かもです。

\デザインをみてみる/

 

20枚から発送可能!枚数で値段がかなり変わるよ!

猫町
送料込みっす!

わたしは一般的な名刺のサイズで試しに20枚頼んでみました。

注文する枚数で価格はかなり変動します。

100枚頼めば単価50円ほど、なかなか良心的っす。

気に入ってリピートする時は多めに頼んだほうがいいっすね!

 

whooの使い方 実際に作ったらこんな感じっす

猫町
迷いに迷いましたが上のデザインにしました!頭ん中でデザインが固まってる人はすぐ選んで作れると思うっす!文字の誤植だけは要注意だ!!

数あるテンプレートの中から気にいったデザインが決まったらいよいよ作成です。

whooはどのスタイルでも基本的に3工程で出来てしまいます。これが非常に楽。

選んでいくだけなのでまず失敗はないです。ただし誤植。テメーはダメだ。

 

⑴表面の作成

名前やアドレスなど文字を入力していきます。

ちょっとすかして NEKOMACHI にしたけど普通に日本語でも入力できます。

編集したいとこをクリックで入力。フォントやサイズもクリックで簡単に変えれますので直感的に作成できますぞ。

写真も選ぶだけ、Twitterとかで画像投稿できる人なら余裕です。

ちなみにこの画面で名刺の角をとる加工もできます。柔らかい印象になるっすね。

破線のガイドラインがついてるので『見切れ』などのトラブルも避けれます。

直感的に使えるインターフェイスです。これなら初めてでもらくらくっすわ!

 

⑵裏面の作成

背面はブログのアドレスをQRコードで表示させました。

こちらも画面の指示に従って入力していくだけでOK。

ここはコピペができる人なら余裕っす。

 

⑶仕上げ・配送オプションの選択

猫町
ここは選択の仕方で料金が少し変動します。予算と相談しとこ。

もうさきほどの2ステップで中身は完成なんすけど、あとは仕上がりが選べます。

名刺の紙質をグロス加工やマット加工にできますぞ。ここはお好みですね。

また基本的に入稿から5日後の発送ですけど3日後の発想にすることもできます。

 

注文完了!あとは届くのをお楽しみに!

あとは支払い方法を選択して注文を完了します。

クレジットカードだけかと思ったけど色んな決済方法に対応していました。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ支払い
  • 代金引換

実際配送されてから気づいたんだけどあくまで発送が5日後であって到着するのはもう少しかかります。

んで調べたら5日後ってのも5営業日後っぽい。

わたしの注文後の出荷日連絡メールが以下になります。

正月休みがだだ被りだったみたいっす。

どうしてもこの日に名刺が必要だ!って人は到着日には注意したほうがいいですぞ。

 

そして到着!ゆうパックで届きますぞ!

中身もプチプチガードつきで丁寧に梱包されてきます。

外箱もロゴがキラリと光るええ箱です。いやおうなしにテンションがあがる。

 

文字も写真もクッキリ!発色もいいぞ!

開封。ニンマリしました。すっごい気持ち悪い顔してたと思う。

(ええやないすか…!!)

しばらくホケーって眺めてましたよ。

文字もQRコードもクッキリ。

写真もくすんだ色にならずにしっかり発色してます。

本能的にチェックするんすよ。ここ。

前の会社で新入社員の時に名刺の追加発注を頼まれ、納品された名刺の会社ロゴがくすんでた時、なぜかわたしが上司にキレられたトラウマがフラッシュバック。

あの時に戻れるなら全力で上司に whoo 推す。まじで。

 

しっかり厚手!安っぽくない紙質が嬉しい!

手にとってみて気づくのがその厚み。

写真でもわかると思いますがしっかりした紙質です。

20枚だけ頼んだんですが重ねてみるとその厚みがよくわかります。

これはちょっと意外でしたね。嬉しい誤算っす。

こ、これでちゃんと名刺交換できるぞー!!

 

サクッと簡単!その日に作成完了!whooの名刺はいいぞ!

猫町
ガッチガチにこだわらなければかなり満足できます。1時間くらいで作れるしもっとはよ使えば良かった。

わたしが使ってみて思ったことがこんな感じ。

  • デザインのテンプレが多すぎるのですぐには選びきれない。
  • 選んでしまえばあとはらくらく。ポンポン進む。
  • 『型』が決まってるからかもしれなけど料金が安い。
  • メールのやりとりや打ち合わせもないので制作が早い
  • 意外に紙質がいい。グロスやマットも試したい。

総括すると

とりあえず予算も少ないし細部までこだわってないよ!って人はめちゃいい!

今回わたしはフォントもサイズもデフォルト(初期設定)のままです。画面に言われるがまま入力していってもええ感じにしたててくれます。デザイン無知なんでほんと助かる…

次回は少し見直して100枚オーダーしようと思います!この仕上がりなら最初から100枚やっときゃよかったっす泣(料金的な面で)

ではでは今日はこのへんで!猫町でした!!

\デザインをみてみる/

\こん記事ば今からシェア/