サンキュー岩川飯店

スポンサーリンク



2018年3月31日

岩川飯店が閉店しました。

町のちゃんぽん屋さんの中でも本当に大好きなお店だったんすよね。

ちゃんぽんと皿うどん、どちらも記事にしていましたし長崎ちゃんぽんの総まとめ記事にもトップで表示させていました。

好きだったんだよ。このブログ名にもひと噛みしてる程っす。

以前、この近辺をよく仕事でまわってまして、もう中毒のようにこちらに昼ご飯を頂きに行ってました。

実はこのブログ「猫町飯店」の飯店の由来はこちらからきてます。ブログ名どうしようかなあって思っていた時、よく行っていたこの店の響きがなんかええなあって思って。「猫町」ってのは長崎の尾曲がり猫からきてるんすけどね。

当時から人気店でして。しかしながらネットにそこまで情報も落ちてないと思います。正直あんまり有名になってもらったら困るくらい思ってましたね当時は。

引用:長崎市・岩川飯店 猫町が年間20杯以上食べていた皿うどんがこれっす!!

 

悲報を聞いたのが23日でもう翌日にはいてもたってもいられず皿うどん食いにいってたんす。

twitterでこういうポストをしていたのですが

Facebookや猫町飯店のメッセージフォームそれぞれに岩川飯店の閉店を教えてくださる人が大勢いらっしゃいました。

みなさん本当にありがとうございました。嬉しかったですよ。

みんな私がこの店好きだってことをよくわかってんだよね。

 

最終日、行列はありませんでした。

もともと大々的に閉店の看板や張り紙を外にだしてはおらず、店内に貼り出していただけだったのもあるかもしれない。

それでも12時前には待機列ができたんですがね。最終日、11時過ぎにいったらそこにはいつもと同じあの空気がありました。

寡黙なお父さんが率先し厨房をまわす。

店内はテレビの音が支配していました。高校野球だったかな。

そして時折聞こえる

『パチパチパチ』

『ジュワーカンカン』

油と鉄鍋とお玉が発する美味しそうな音。

ああ、そうだこの空気感。

 

私がここで何回も味わったこの空気感は、今日が最終日だとまったく思わせなかった。

 

いつもの岩川飯店が変わらずそこにあった。

 

***

 

この店に出会った頃を思い出した。

必要以上にお客さんと間合いを詰めて接客しないそのスタイル。

1人で気兼ねなく食べたい時に最適だなって思ったのが最初だった。

 

『ちゃんぽん?リンガーでよかっしょ』

 

そんなことを思っていた時代、ここでちゃんぽんを食べて変わった。

『ちゃんぽんってこんなにも美味しいんだ』

 

長崎に住んでいるのにそれに気づけなかったんだよな。

ちゃんぽんともう一度向き合う一歩になりました。

あれから6年、改めて訪れた岩川飯店は本当に変わらず真面目な商売をされていた。

 

いつもの岩川飯店が変わらずそこにあった。

 

ちゃんぽんも皿うどんも最後まで600円を貫き通してました。

感謝しかない。最後にごちそうさまでしたを言えて良かった。

サンキュー岩川飯店。マジGOD店でした。最高だったっすよ。

 

美味しい店はさらに評価されるべき、そして発信していかんばね

ちなみに岩川飯店はネットの情報なんてほとんど皆無でした。

食べログの評価も3.05あたりを上下していたんじゃないでしょうかね。

でも今回の閉店の一連の流れをみて岩川飯店のファンは私の想像を遥かに超えていることを確信しました。

『ネットに情報がないからマズイ』だとか『客がついていない』とか簡単に言っちゃってる人いるっすけどめっちゃもったいないっすね。

あなたが思っている以上にネットに精通してない人は多くて、ネットに情報ないのにうまい店ってめっちゃ埋もれてるんです。

もっともっと長崎には美味しい店がたくさんある!

自分が美味い!と思ったらそれは美味いんです!ガンガン発信していってください!

その店はもっと評価されるべきなんす!!!

 

\こん記事ば今からシェア/