安いのに使える!MPOW T3完全ワイヤレスイヤフォンレビュー(PR)

スポンサーリンク



猫町
こんちゃす!猫町です!!

電車やバスで使用する人も増えてきた完全ワイヤレスイヤホン

わたしも以前から使用しています。ケーブルがないだけでほんとにここまで変わるのか!ってくらいストレスフリーになるのでおすすめっす!

家事をしながらとかスポーツしながらだとどうしてもケーブルが邪魔になるっすもんね。個人的には掃除機かけながらがオススメ。クソはかどる。

しかしそんな完全ワイヤレスイヤホン。ただまだまだ値段も高いし安定していない商品が多くて最初はチョイスにめちゃくちゃ悩みました。

そこでそんな方のためにレビューとして今回紹介するのが「MpowT3完全ワイヤレスイヤホン

最新のBluetooth規格である5.0で通信も安定していてなおかつ値段も手頃という入門機には最適なスペックです。

販売元の「パートゾン」様よりサンプルを提供いただきましたんでガッツリ使ってみました!

 

ケーブルの縛りから脱却!Mpow T3 完全ワイヤレスイヤホン

価格帯からしてなんとなく外装の想像してたんですけど写真の通りかなり高級感のあるパッケージでした。スベスベー。

高級感ありすぎてちょっと焦ったっすよね。「今使ってるやつより良かったらどうしよう感」すごい。

ケースが充電もかねていて、満充電で3.5時間使用できます。

「ガッツリ1日作業のお供」とか、長時間使用は厳しそうですけど通勤・通学レベルなら十分です。

最近のワイヤレスイヤホンはこのような充電ケース一体型が多いんですが使用時間が3.5時間は結構長い方ですね。

 

Meow T3 ワイヤレスイヤホン構成品

過度なアクセサリーはなくシンプルな構成。ですが必要最低限は揃っていますぞ。

  • 本体
  • 充電器付ケース
  • 充電用USBケーブル
  • イヤーパッド
  • 取り扱い説明書

 

専用ポーチが無いんでイヤーパッドの保管が考え所かもしれません。

 

ケース含め本体がとにかく小さくて軽い

わたしがもってるワイヤレスイヤホンがケース込みで100g近いので

Mpowがいかに軽いかわかります。しかもコンパクトで厚みも3cm程度なんでバッグのポケットにもスッとはいります。

 

説明書は英語表記

ちょっと惜しいなぁって思ったのが説明書の日本語表記がなかったこと。

中国語や韓国語じゃなくて英語なのがせめてもの救いでした。

図が多めなんで、ある程度の家電リテラシーがある人は直感的になんとかなると思いますけどやっぱ日本語説明書は欲しかったっすね。

 

イヤーパッドはSML各1組づつ

もともとイヤホン本体にMサイズがついているんでSとLが1組づつ別についてきます。

イヤーパッドのサイズは本当に重要で、耳にあってなかったら本来の音質からかなり離れたガッカリ音になります。

スカスカの音だったり低域がおかしかったり。なので商品が届いたらまず一通り試してみるのがおすすめです!

 

本体の充電はUSB-Bから。PCからが基本です

ケース本体への給電はUSBからのみです。付属のケーブルがあるのですぐ使えますぞ。

注意
2.4Aの急速充電器には対応してないみたいで故障や火災・ケガの原因になるそう(充電器なら5V/1.0Aのものを使用推奨)

充電器の仕様はよく確認したほうがよさそうっすね。基本的にはパソコンからの給電が推奨されています。

 

付属の充電ケーブルは短い

充電ケーブルは写真の通り短め。

コンセントから給電したい人は覚えておいたほうがいいっすね。

 

充電インジケーターは本体もケースも控えめ

ケースの充電インジケーターは白色、イヤホン本体は赤色のインジケータで充電状態を表現してます。

ケース本体の充電残量は3つのインジケータランプで把握できます。視覚的にわかりやすいですね。

1日1時間くらいの使用ならケースは1週間くらいは充電しなくてもOKでした。なかなかキャパある。

 

ペアリングが安定&猛烈に早い!

猫町
いや、これマジで早かった

自動ペアリングはどこのメーカーも搭載してるんすけどね。Mpowもケースから出した瞬間ペアリングが始まります。

Bluetooth系のイヤホンはこれで3台目なんですけど初回のペアリングは絶対苦戦するんすよ!!なかなか拾ってくれない。

だけどMpowの自動ペアリングは優秀でしたね。iPhone8速攻拾った。その後も通信は安定してます。

ケースからとりだして数秒で繋がるのはやっぱ楽でいいですね。

 

マルチファンクションボタンは使える!

引用:楽天市場:MpowT3完全ワイヤレスイヤホン

猫町
ほとんどの操作をLRのボタンだけでこなせる!

これ便利だなって思った!だいたいボリュームのアップダウンか曲送り・曲戻しのどちらかが犠牲になるもんね。

ボタンはタッチセンサーじゃなくて「カチッ」と押しごこちがあります。これがもう少し軽い感じなら良かった。防水の絡みもあるんだろうけどちょい重い。

耳につけた状態でボタン押すとき指1本だと耳の中にイヤーパッドが食い込んで痛いのでもう一本の指でささえながら押すのがいいっす。

やむをえず1本指の場合、まっすぐ押すんじゃなくてサイドにずらしながら押すイメージで操作すると痛くないですね。

 

使用感は良好!閉塞感もなくて聴きやすい

猫町
非常にライトなつけ心地っす。しかもしっかりフィットして落ちない!

かなりクリアで良い音でびっくりしました。閉塞感もなくて気持ち悪くない。

その代償かもしれませんけど低域が若干弱い気がします。ラウドな音楽が好みの人はちょっとアレかも。

それでもiPhone純正よりは低域は拾ってる気がしますし変に低域を強調して音がこもるイヤホンより何倍もいい…

中高域特化とまではいいませんが、イヤホンでこだわりなく音楽聴く人は満足できると思います。

 

Amazon ベストセラー「Pasonomi」との比較

猫町
いまわたしがメインで使ってるPasonomiとの比較です

着け心地や音で言えばMpow T3が上手です。(正直なんともいえん感情になった)

音のクリアさや閉塞感の少なさによるメリットはデカイ。Pasonomiは閉塞感がもうちょいある気がします。

USBアウトやタッチセンサーなど先進的な機能でいえばPasonomiに軍配があがるところもあります。総合的に見ればPasonomiかもしれませんねぇ。

ただ音楽を聴くのがメインであったり価格も考慮したいって人はMpow T3のほうがいいかもしれません。

初めての1台にはかなりもってこいっす。予想以上でした。ワイヤレスイヤホンで迷ってる人は選択肢の一つにしてみてくだされ。

ではでは今日はこのへんで!猫町でした!よい休日を!!

\こん記事ば今からシェア/