江戸町・敬天で牛カツランチ 過最強!牛肉は二度刺す!!

スポンサーリンク



 

長崎で頂ける美味しい牛カツ

噂はかねがね。どの界隈からも美味しかけん行かんね!ってよう言われてましてね。『牛カツ』もうこの文字列だけでも美味いやないですか。牛を揚げてんだぜ?どんなんかわくわくしながら向かった敬天。ランチタイムにやっと行けました。日曜は休みが多いけんなかなかいけなかったとさね。

敬天はもともと鉄板焼の店で店内はさすがに高級感というか敷居が高い印象です。例のごとく1人で乗り込んだのですが個室ぽいカウンターに通されました。これなら安心。ぼっち入店難度は低めです。

鉄板を囲むようになったオープンなカウンターもあったぞ。もちろんボックス席もあるので仲間で行けるのもいいね。

店内はBGMは控えめですが肉を焼く音や食器をかたす音など程よい喧噪があり居心地がよいっす。静かだと恐縮しちゃって食べづらいけんね。

牛ロースかつランチ1300円をオーダーしてしばし待つ

タレとサラダがまず登場。味噌ダレと特性ダレの2種類。期待が高まる。サラダも抜かりない。トマトの皮引きがされてんのがニクい。

そしてお待ちかね。牛カツが登場。ご飯は1杯おかわりOKだ。嬉しいね。牛肉はめっちゃやわらかい。火の通りが絶妙だ。最初牛感がなかった気がするほど。俺が知ってる牛肉料理じゃない。噛むごとに牛肉の旨味がでてきて輪郭がはっきりしていく。そこにカツの衣のサクサクも畳み掛けてくる。これはいい。楽しい。ごはんがすすむ!おかわりあって良かった!タレじゃなく卓上の塩とレモンでさっぱり行くのも一考かもっす。

牛肉は二度刺す

牛カツの下には薄い食パンが敷いてあって。カツを残しておいてパンで挟んで牛カツサンドにするのだそう。ここに来て2フレーバーか。こいつは嬉しい仕掛けである。

まいったね。夜道で2人がかりで辻斬りされたような感覚。まったくもって完敗ですね。過最強。牛肉は2度刺すのでした。

ただ牛肉の赤身の肉汁がパンに染みていて、場合によってはパンの食感がふやふやになってる場合もあるかもっす。ここは好みですがご飯一発でいくのも全然ありやと思います。

普段なかなか牛肉を食べる事もなし、ましてや牛カツなどはじめてでした。長崎市でこういう料理が食べれる事に感謝します。

食後にはサービスで黒ウーロン茶がでたぞ。これまた嬉しい。さっぱりと口直しできました。料理1つ1つにこだわりが見え、敷居が高いのも頷けます。レモンも細工切りされとうし。

ええことばっかりだけどお昼はクレジットカードの支払いができないのだけ注意だ!

夜になると単価が跳ね上がるけれどいつかトライしたい。まずは次回ステーキランチしばく。

美味しかったです!

ごちそうさまでした!!!!!

 

ステーキ牛かつ 敬天

住所:長崎市江戸町2番31号ソレイユ出島1F

TEL:095-824-9755

営業時間:11:30-14:30 17:30-22:00

定休日:不定休

江戸町ならこちらの2店もオススメだ!!!

江戸町・永楽苑でしいたけ肉そばを頂く。うめえ。あざす。お昼ご飯クリーンナップ入り。

江戸町・BABAKE(ばばけ) 汁無し担々麺+小ライスではじまる宇宙の旅

この記事をシェア!