角煮まんじゃなきゃダメなんだ

スポンサーリンク



 

『まじでクソ』

 

『完全にネタ』

 

彼女は『マジでこれどがん思う?』を30秒に1回ペースで挟みながら彼氏のグチを畳み掛けた。

正確にいうと『彼氏だった』が正解で、壮絶な職場の不倫関係の末バッサリいかれたそうな。

なんぞ修羅場も経験したそうで、飛び出すエピソードのひとつひとつが重い。とにかく重い。

それでもそのお相手のおっさんの写メを見せたり、『クソ』とかいいつつ楽しそうに話す姿をみて『この乙女心ってやつ、わっかんねぇな』って思った。

 

これは『腹いせにゲロりたい』と連絡があってランタンフェスティバルにかり出された9年前のお話。

 

せっかくランタンにきたけんなんか食おうでと、湊公園近くで肉まんや角煮まん、マーラーカオとか色々買った。

 

『おごれさ』

 

拒否する理由も空気もなかった。

彼女は角煮まんを嬉しそうに頬張った。

 

『肉まんもらうで』

『どうぞどうぞ。角煮まんあればいい。』

私は肉まんも好きでね。角煮まんはまぁヒーローだけど、こいつの肉汁のうまさは安定だ。めっちゃうまい。飲茶になくてはならん存在だろ。この子まるでわかってねぇな。ラッキーだぜ。うっしっし。

 

22時をまわると人もまばらになってくる。それでも湊公園で私たち2人はなにするでもなく彷徨っていた。

 

私は『もう帰ろうで』って言うタイミングを見計らっていた。

 

『待ってたっさね〜ここでさ〜』

あいかわらず笑って話す彼女。ただこの言葉だけは違っていた。

 

『いつ誰が見てるかわからんのにさ、めっちゃ人いるのにさ、手繋いでくれたんよね』

 

私は何も言い返しきれず、缶ビールを飲むふりをして言葉を探すけど何も見当たらなかった。

 

『もう帰ろうで』は涙ぐんだ彼女にさらわれた。

 

中華街の入り口から築町電停までの300mほどのストレートを歩く。

そして『見納め』って言って橋からランタンを2人で眺めた。

 

 

ーおいじゃだめかねー

 

 

その言葉は口に出さず缶ビールで流し込んだ。

握りしめた体温でぬるくなっていた。

 

もう巻き戻せないその3分間ほどの静寂は

 

彼女の『今日はありがと』という言葉と共に赤迫行きの電車に乗って消えていった

 

***

『長崎の中華街こんな小さかったっけ』

あれから9年。横浜から親戚がやってきた。この前会った時はまだ田舎の女子高生だったのに

方言も抜けて大学1年生になった彼女はすっかり都会めいていた。

ランタンフェスティバルを案内する。今年は人が多い。

 

『2個も3個も!そがん角煮まんばっか買わんでマーラーカオとかハトシとかも買ったらどがんね?』

私の問いかけに彼女はにっこり笑って元気よく言った。

 

 

『角煮まんじゃなきゃダメなんだ』

 

 

9年前のあの日、口から言葉が飛び出しても答えはきっと同じだった。

わかっていたから言えなかったんだ。

 

それは9年越しのアンサーに聞こえた。

 

角煮まんを頬張りながら歩くアラサーに2月の風はこたえる。

それでもそんな中食べる角煮まんは格別だ。

うめぇなぁ。角煮まん。やっぱかなわねぇや。

『ダメなんだ〜、か。』

3月。春が近づいていた。

少し笑って少し泣いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでっ…!!おさまるかっ…!!

ボロ…ボロ…

 

モテたいっ…!!

がっ、ダメっ…!!!

 

無いっ…!!!

取り柄っ…!!!

 

ちくしょう。朝起きたらイケメンになってねぇかねぇ。

よくわからんのんすけど、なんかもうブログ書いてくしかねぇなって思いました。

ではでは今日はこのへんで。猫町でした!

 

\こん記事ば今からシェア/