おしっこ死ぬほど我慢しながら本探すのに限界を感じたのでKindle買いました。

スポンサーリンク



本っを売っるならBOOK OFF♪

猫町
50冊持って行って査定額600円だったとばってんそれは

ちくしょう。辛い。

メルカリ『苦戦しているようだな』

ヤフオク『まったく世話のやけるやつだぜ』

みんな…!!来てくれたのか!

でも手続きやらめんどくさいけんBOOK OFFで600円で手をうつね☆

アラサーのめんどくさがりレベルの高さをなめてもらっては困る。

BOOK OFF行ったらトイレ行きたくならんすか?

よっしゃ、売ったお金でまた本買うやでーっつってさ、店内で欲しかった本探すわけですよ。

でもここで毎回あいつがにじり寄ってくるんすよ。そう、尿意。

いやBOOK OFFに限らないんすけどね?わたしね、本屋にいったらだいたいおしっこ行きたくなるんすよ。

んでさ、本屋ってもれなくトイレ無いやないですか。

いやわかるんすよ。万引きとかのアレっすよね。わかる。でもな、おっさんトイレにいきたいわけよ。

でも無いけんさ、しゃーないなぁ!なんていいながら我慢して本探すわけよ。

最初はスーパークールフェイスで探していたわけよ。そしたらまぁ案外我慢できる。おっ、なんだおれって結構やるやんなんて思いながら。力関係でいったら

本探す>>>>尿意

ぐらいのレベルよ。わはは。わたしの読書欲なめんでくれん?

でも15分くらいたってみてん。

本探す<<<<|超えられない壁|<<<<<<<尿意

くらいになってっから!!!まじでスーパークールフェイスなんてボコボコにされるよ。

まじアーマーブレイクなんよ尿意。太刀打ちできんとですよ。

『あああおシッコいきたい!!でも蛭子さんの漫画あるかもしれない探さなきゃでもおしっこいきたい!!!でも蛭子さんの雪山とラーメンあああでもおシッコいきたい!!!あっちの棚冷静にチェックできてなkああおシッコいきt』

ああああああああ!!!!!

 

 

Kindle買いました。

 

 

なんでKindleを買ったのか

正直わかってたんすよ。古本屋さんで冷静に尿意と戦いながら本探すなんてハナっから無理ゲーなんすよね。なにしろ膨大にあるけんね。本の帯を一冊一冊読んでいけるかって話で。尿意と戦いながら。答えはNo。

ずーっといままでそうやってきて結局見つからんし買えてないけん多分今後もお目当ての本は見つからないやろうなぁって。だいたい読みたい本もニッチなもんばっかやしそもそも在庫にあるかどうかすら怪しいけん。

尿意って問題もあるけどそんな掘り出しもんの本を探すのに1時間近く休日の時間費やすコストって冷静に考えたらアホいなって。

マンガもスマホで読む時代だし、そんならネットでサクッと買ったほうが早ない?検索してポチーってやったほうがええやろってのが購入の決め手でした。

梱包物はこいつらだっ!

Kindle買ったらいろいろついてくる。

梱包はすんげーシンプルで、本体・ケーブル・利用規約とかリサイクル法が書いてある白紙

マニュアルもあるんだけど

  • 電源はここやで
  • 充電はここやで

あとは好きにやれや!以上!

 

みたいな感じ。最高にクールです。

あとは電源いれて画面の案内通りセットアップしていくんだけど

この時点で自分のamazonアカウントとリンクするんよ!すげぇよ。あとは本の購入なんかもKindleでやれたりするし、パソコンでkindle本買ったらこの端末に自動的にダウンロードが開始される。

ほぇ〜〜〜って感じよ。すごかね。

そもそもKindleって?

簡単にいうと

amazonが販売している『読書専用のデバイス』っす

電子書籍リーダーって言われています。本を読むのに特化したデバイスで、まぁ例えばwebマンガとかスマホで見れるやないすか?

でも文字小せぇよ!疲れるんだよ!活字?小説?むりむりむり!もうちょい大きい画面でみたいっすわー!て思わないっすか?そこで生まれたのがKindleなんです。

いやいやそれならiPadとかでもいいやないですか?って思うじゃんすか。そこは1万円前後というタブレットにはない価格帯とKindle独自のメリットがいっぱいなんです。

とりあえず公式の情報みてみたいなーん!って人はこちらからどうぞ

公式サイトamazon|Kindle電子書籍リーダー

 

使ってわかったKindleのメリット

ざっくり箇条書きでまとめていくと

  1. 薄くてコンパクトなんでずーっとバッグにいれていられる
  2. 充電もほとんどしなくていい。2週間とか余裕
  3. 目が疲れにくい
  4. amazonならkindle価格で紙の本より安く買えたりセールがある

 

もう最初の2点がとにかくいい、最高。メンテ不要でバッグにポイーよ。

iPadとかタブレットあるやん?あれはあれでいいよ。動画もみれるしアプリもたいがいイケるしな。でもその分頻繁に充電いるけん読書に特化するならKindleに圧倒的に分があるっすね。平日全然充電せんでいいのは非常に助かる。

3.もけっこうよくて小説やビジネス本など活字メインのやつとかすごいわかりやすい。紙感覚でいけるし疲れない。ここamazonが結構こだわって作ってるところらしくタブレットとの違いがよーわかります。

確かに基本的に文字凝視だもんね。そこ大事よね。

4,もいいっすね。この前冬幻舎の70%オフセールがあったばかりっす。セール以外でも基本amazonで買うならkindleは紙の本より割安なことが多いです。こういうセールに乗っかっていったらかなり読書が捗ります。

そして欲しいと思ったら速攻買える。ワンポチで買える。すぐ読める。

最強。これがやりたくてKindle買ったようなものですけん…ずーっと読みたかった本、Kindle届いて10分後には読んでました。

 

使ってわかったKindleのデメリット

こっちも箇条書きでざっくりと

  1. パラパラーってめくれない(宿命)
  2. タブレットみたいに動作がヌルヌルいかない(電子辞書的な感じ)
  3. ページめくりの時に画面が一瞬暗転する
  4. マンガの見開き2ページ使ってドーンな大コマが微妙

 

1.はしょうがないかなーって、紙みたいにパラパラーってめくってお気に入りのシーン探すのができない。一応スライダー使ってできるけどちょっと手間だなって。

2.これがバッテリー持ちを優先させた結果かなって思う。結構カクカク。まぁほんと電子辞書みたいな感じです。

3.も感覚的には電子辞書って感じですね。一瞬暗転する感じ。これは慣れですね。最初の1ヶ月くらいは慣れませんでしたが活字ばっかりの本読むときなんかは最初っから全然気になりませんでした。

4,これもKindleの宿命ですね。インパクト重視の見開きが1ページずつしか表示されないけん、ちとガッカリ。一応横向きにして全画面表示できるんだけど読んでる流れがストップしちゃうからね

 

とりあえずいろんな所で使ってみた

猫町
バッグにポイーっていれとくだけで何冊も持ち歩ける。電池の持ちもよかけんいろんなところで使ってきたばい。

Kindleはとにかくかさばらないので常にバッグん中に入れてます。邪魔にならんって大事やねぇ…

わたしはだいたいざっくり以下の使い方が多いっす。シーン選ばないのが嬉しい。

福岡行き九州号のバスの中

福岡行きの九州号の車内とかでは絶対使うっすね。スマホでSNSチェックとかしても秒殺で終わるやないすか。そのあとたいして更新してないサイトを巡回しても過ぎる時間なんてたかがしれてるんすよね。

長距離の電車やバスは大人がゆっくり読書するベストな時間やと思うっす。

こういう時は絶対読書とかに当てたほうがいいなってアラサーになってからよく思うんすよ。

んで長距離の旅だと荷物になるんで紙の本かさばるんすよね。その点Kindleはうっすいけん荷物の負担にならんのっす。

市役所などの公的機関の待時間で

市役所の手続きとかの待ち時間とかだいたい予想を超えてクソ長いやないですか。

いままでは

『あーーーくそ!本の1冊なり持って来とけばよかったわー!』

って思ってたのが

kindleいれてたわ

になるけんね。この差はデカイよ。

だいたいKindleはバッグにいれっぱなしやけん、意識せずにこういう風なスタンスになるんすよね。

ご飯食べに行った時の待ち時間

ご飯食べる時の待ち時間にもいいっすね。マンガがある食堂ばっかりじゃないしね。上の写真は稲佐山の光のレストランの時に撮影しました。

通勤時間

通勤時間もサッとだして読めるのがいいっす。路面電車とかバスとか使う人とかうってつけっす。かなり捗ります。ストレスでしかなかった通勤の移動も楽しくなるのがよかったっす。

 

まとめ もっとはよ買えば良かった

Kindle買ってから生活がかなり変わりました。本めっちゃ読むようになった。

全ての人にオススメってわけじゃないっすね。特に以下の人におすすめ!

  • 欲しい本を欲しいって思ったらすぐ読みたい人
  • アプリとか動画は見れんでいい!本読ませ!って人
  • いつでもどこでも読みたい!隙間時間を有効に使いたい人
  • 安く話題の本を買いたい人

 

わたしね『あー今年こそは本を読もうかなーっ!』って毎年いつも正月に漠然と考えるんすよ。

ただね、マジで考えてるだけだったんすよ。それでズルズル年月が経っていました。

私と同じ感覚の人は正直結局行動するかせんかだけやと思います。動き出したら早かったっす。

さらにそれがBOOKOFFで戦っていた尿意との決別にも一役かったっていうおまけつきだったってお話でした。

20代の時にできていなかった読書や勉強ができると気持ちがいいっすねぇ!これからもっと使い込んでいきます。

ではでは今日はこのへんで!猫町でした!!

この記事をシェア!