エルゴヒューマンベーシック買いました!腰痛持ちはマストチェアかも

スポンサーリンク



猫町
んあぁぁあああああ!!!(バキバキィッ!)

こんちゃっす!猫町です!!

突然の『んあぁぁあああああ!!!(バキバキィッ!)』からのいつもの挨拶で失礼します。

ブログ書いてる時の腰がやばい

つねづね思っていたんすよ。腰やばいなコレって。

はまり込む時は平気で5時間とかブログぶっ通しでやるんすよ。

『休めばええやん?』って思うやないすか?

違うんすよ。あれなんすよ。子供ん時ファミコンやってたでしょ?

その状態からおかんがあなたに『ご飯よー!』って言ってきてすぐファミコン辞めれました?

無理っすよね。セーブ地点までやりますよね?おかんキレますよね?つまりはそういうことです。

それだけならいいんすけどブログ執筆に使っている椅子が10年前ダイレックスで買った3,000円の椅子です。ノークッションの硬いポリエステル椅子です。

腰の悲鳴全無視でやってたんです。

こういうコンボが引き金になって、ブログ執筆がひと段落して椅子から立って伸びをすると出るんですわ。

んあぁぁあああああ!!!(バキバキィッ!)

 

夏のボーナスでめっちゃいい椅子を買うことを決意

家の中で一番時間を使うのは寝る時のベッドですけどね

引き続いて一番多いのはPCの前。

しかもわたしの一番の楽しみであるブログやネットに使うもの。

長期的に見てそこにお金をかけるのは間違っていないなぁって思ったのでした。

かといって良い椅子って1口にいっても上をみあげたら青天井の世界。何十万ってのもいっぱいあります。うーむ。

妥協点や理想を何回もぶつけて以下にしぼって探していました。

  • 腰への負担が軽いもの
  • 夏は蒸れがちなのでメッシュ素材
  • 体にあわせたチューニングができる・ロッキング機能がある
  • 作業主体なのでフカフカじゃないやつ
  • 見た目もかっこいい(意外と大事な気がする)
  • 10万とかは無理。一桁で。

 

こんなん無いかなぁ…?

 

あるよ。

猫町
あるんだ!

ってなわけで夏のボーナスで清水の舞台から飛び降りてみました。

ワンシーズン使ってみての感想なんぞ書いてみようと思います。

 

Ergohuman(エルゴヒューマン)ベーシック

じゃあなにを買ったの?ってわけですがコレです。

エルゴヒューマンベーシック

求める条件ぴったりでした。うむー。かっこE。

こちらはエルゴヒューマンのなかでも比較的安いのに性能も高く多くのオフィスで採用されてるお買い得なモデルのようです。

カラーバリエーションも多くオフィスの空気との兼ね合いも考慮されています。

んでなぜかわたしが買う時 Amazon でブラックだけめっちゃセールやってたんですよ。

60%オフくらいだったかな?これ逃したらわたしもう絶対買わんやろってレベルの割引率だったっす。

お客様組み立て品だったのも安さの理由で、あー、これならいけると判断したのでした。

 

ヘッドレストがあるタイプもあります(さらにかっこいい)

ヘッドレストがあるやつも候補にしてたんですけど、そこまでするとむしろそのまま寝そうな気がしましたので上記のモデルにしました。

首まであるタイプはこれっす。こちらは組み立て済みの商品です。価格もだいぶあがります。

正直こっちのほうがかっこええよな…

なお後からヘッドレストだけ別に買って追加でとりつけることはできないのでここのチョイスはよく考えた方がいいですね。

 

Ergohuman(エルゴヒューマン)ベーシックの構成品

とにかくめちゃくちゃデカイ箱で届きます。そしてめっちゃ重い。

玄関入り口で解体するのがいいっすね!

わたしは無駄にフゥフゥ言いながら箱のまま部屋まで持ち込んだ。まじ死んだ。

完成したら31kgとかになるので2階とかで使うって人はまず2階にパーツを運んで2階で組み立てよう!

完成した31kgを2階に運ぶとかほぼ修行ですぞ。

パーツは上の写真の通り。複雑な完成品の見た目とは裏腹に意外と少ないんですよね。

 

書類は保証書・取扱説明書だけでシンプル

もっとなんかいろいろあるかな?って思ったら書類もこんなもんです。

 

組み立て用のドライバーやネジは付属してある

わざわざ用意しなくて良かったですね。ありがたい。

てか、こんだけで組み上がるのね…

ちなみにドライバーの先はプラスでもマイナスでもない六角の形状でした。代用できるもんがないので無くさないようにしときましょう。

 

組み立て所要時間は20分ほど

基本的な組み立て方法は、はめる・差し込む・ねじで取り付けの3点だけ。

特に難しいこともなく20分ほどでサクッと終了しました。

届くまでは『組み立て完成品を買ったほうが良かったかな〜』って思ってましたけど全然でしたね。

ただパーツが少ない分、1点1点が重いので(特に背もたれや座面)女性が1人でとなるともう少し時間かかるかなって思います。

それでも自力でいけるレベルっすね。

 

Ergohuman(エルゴヒューマン)ベーシックの仕様

他メーカーに比べても特徴的な部分が多い印象でした。それぞれ紹介していきます。

基本的な性能の高さはもちろんですが、それに加えかなり細かなカスタマイズができますぞ。

ユーザーにあわせた調整ができるのは嬉しいですね。

座面高さ

一番座面を落とした状態が上記の写真です。座面が緩やかに傾斜がかかっています。負担が少なくていいんですよね。

だいたい床から45cmくらいが座面になります。調整すると57cmあたりまで高くすることができますよ。

 

生地は注文時選べます

生地は三種類から選べます。ラインナップは以下の通り。

わたしは3Dエラストメリックメッシュをチョイスしました。

  • 3Dファブリックメッシュ
  • 3Dエラストメリックメッシュ
  • レザー

レザーは想像通りだと思います。まんま革ですね。

ただわたしはメッシュ生地が良かったのでレザーは外しました。メッシュはへたりにくいって長所もありますから。

ファブリックメッシュとエラストメリックメッシュの違いだけど調べたことまとめてみたらこんな感じ。

3Dエラストメリックメッシュ

  • 弾力が有る
  • 身体に合わせて沈み込む
  • ザラザラとした肌触りで比較的滑りにくい

 

3Dファブリックメッシュ

  • 一般的によく見られるメッシュ素材
  • メッシュの肌理が細かく、感触はエラストメリックより硬い
  • サラサラとしてソフトな肌触り。
  • エラストメリックメッシュより毛羽立ちやすい・汚れが付着しやすい

 

ここは好みでしょうけど起毛感・布感があるのがファブリックメッシュっぽい。

メンテナンスがあんまりいらないのがいいのでエラストメリックにしました。

あと素材が違うと価格も変わってきますので購入時は注意してください。

 

最大の特徴であるランバーサポート

エルゴヒューマンの最大の特徴なのが腰部分をサポートするランバーサポート

他のメーカーにもだいたいランバーサポートはついているんですけど

背もたれ部分からランバーサポートが独立しているのが他メーカーとの大きな差別化ポイントだと思います。

 

これのおかげで全体的にみても特徴的なデザインになったのですねぇ。サイドからみてみるとよくわかります。

わたしの中ではけっこうこの部分が決めてになった感がある。

 

しっかり腰を支えてくれるので猫背がちになってた姿勢が緩和されます。

『当たってる感・支えられてる感』はすごい。

姿勢キープが楽でいいですね。めっちゃ背筋伸びる。

 

アームレストは細かな調整ができる

アームレストは支柱にボタンがあって高さを調整できるようになっています。

 

角度もかなり広範囲に変えることができますぞ。

 

ブログ執筆するときにこの機能はほんとうにありがたい。

椅子の肘掛けの高さは机の面と同じ高さにするのが基本です。

またホームポジションに手をおいた時ってだいたい腕は八の字になります。

無理がない姿勢をこまかく調整できる面でもよいですね。ここは本当に人により調整が必要っすもんね。

肩こり気味の人はちょっとアームレストの設定を見直すだけでだいぶ変わりますよ。

 

リクライニング角度は最大38度とかなり幅広い

こちらがリクライニングしてない状態です。

 

みょーん。

かなり深くまで沈みこみます。これが休憩する時めっちゃいいっす!!

手元のレバーでこの状態をロックすることもできます。

個人的にこの状態でロックして『あーー…』ってなるのが最高ですね…

他の椅子と違いリクライニングした状態でも座面はフラットなので太ももに負担がかからずしっかり休めます。

リクラインニグする時のテンションも調節できるので勢いよく倒れるのが怖い人も安心ですぞ。

 

座面高調整・リクライニング・座面スライド…ほとんどの操作がワンレバーで可能

座面の下には写真のようなマルチレバーが配置されています。

  • 座面のスライド
  • リクライニング/ロック
  • 座面高調整

以上の操作はこのレバー1本で操作が可能で、直感的に操作できるようになっています。

奥にあるのはグルグルまわせるハンドルでリクライニング時のテンションが調整できます。

テンション調整もワンレバーでやれればなお良かったっすね。

 

背面高さも調整が可能

背面の高さもバックのレバーで調整ができます。

背が高い・座高が高い人にも細かく対応できますね。

 

ここは微妙かなってとこ(デメリットとか)

今んとこ使ってて言うほど不便さはないっすね。すわり心地も上々ですね。

ランバーサポートも独立してたりと、隙間が多い特徴的なデザインなんで拭き掃除がしにくいっす。

あとこれ言い出したら椅子買うなよって話になるんですけど重量が31kgあるので床が傷つかないように考慮する必要があるかもです。

もともと床を転がるキャスター部はポリウレタン素材でやわらかいものを採用していて傷つきにくいみたいですけど。

わたしはとりあえず梱包に使われていた段ボールを敷いて使ってます。死ぬほどダサい。

 

とにかくゴミめちゃくちゃでるので注意

梱包の段ボールつながりで!!

これはもうしょうがないのかもしれないけどめっちゃゴミでます!

プラスチック用の大サイズのごみ袋3枚くらい用意してたほうがいい。

あと、たかが段ボールだけどバラすのかなり苦労します。想像してたよりだいぶ大変でした。

緩衝材の段ボールはがっちりボンド固定してあるのでバラさず燃えるゴミでだしました。燃えるゴミ袋も準備してた方がいいですね

私は組み立て式だったんだけど完成品とかもっとゴミでるんやろうなぁ

 

Ergohuman(エルゴヒューマン)ベーシックまとめ

総合的にみて大満足ですね。ブログ執筆のモチベーションめっちゃあがる。

でも白状すると最初はリクライニングでめっちゃ遊んでた。やばいこれ超気持ちいい。つって。

んで動画とかめっちゃ観てた。快適すぎる。

まぁでもブログは時間でも格段に書きやすくなったし腰への負担はだいぶなくなったし太もも裏が蒸れることもなくなったっす。

今までは定期的にのびて『んあぁぁあああああ!!!(バキバキィッ)』ってやってたもんね…絶対背中に悪い姿勢だったよ…

今の慢性的な状態を打開するためにはいつだって『具体的に何か環境を変えること』が重要だって思ってます。高い買い物でしたけど買ってよかった!

ではでは今日はこのへんで!猫町でした!!よい休日を!!

\こん記事ば今からシェア/