スキレットでジャーマンポテトを作る。速攻おつまみ。難しいのは名前だけでした。

スポンサーリンク



P1020228

せっかくベーコン作ったけんありあわせでなんかツマミできんかなぁと考えた所。スキレットに具材突っ込んでグリルで焼くのが一番やと思った次第。

中華鍋で自家製ベーコンを作る。意外と簡単で燻すの楽しいです

スキレットはこういう時にほんとに重宝します。そのまま食卓にもだせるしね。アツアツのジャーマンポテトはビールによく合います。

材料

P1020217

ベーコン 市販の1パック程度

玉ねぎ  1/2個

じゃがいも 中1個

お好みでとろけるスライス1枚

P1020219 P1020218

玉ねぎはくし切りに、ベーコンは適当に薄切りしてください。じゃがいもはその間に串切りにして水にさらしておいてください。

P1020222

じゃがいもはその後ラップをしてやわらかくなるまでレンジアップします。5−6分くらいでいいかなと思います。「竹串で刺してスッとはいるぐらい」←レシピを読み進めながら作ってるといつもここでしまった。竹串ねぇっす。って思う。一般家庭に常備してるものなんすかね、竹串って。

P1020221

スキレットに大1程度のオリーブオイルをいれます。

P1020224

具材全部いれます。ここである程度焼いて火を通しておくと早めにありつけます。

P1020225 P1020227

塩と黒胡椒を振りかけて好みでとろけるチーズなんぞ加えてもいいかもしれません。そしたら魚焼きグリルにポイーして焼いたら完成です。火が強すぎると焦げまくるの注意してください。

P1020228

色合にパセリなど。ビールにあわないわけがないのです。反省ですが玉ねぎは焦げ目つくまで焼けば良かったかなと思いましたが。でも簡単でいいっすね。

P1020380

トマトソースと刻んだ茄子を加えたら、さらにうめぇ。基本的にスキレットは見た目までゴソっとレベルがあがります。保温性もいいし一台あると重宝しまっせ。

▼簡単トマトソースの作り方はこちら

シンプル素材で基本のトマトソースを作る。作り置きで一人暮らしにバリエーションを

この記事をシェア!