鮭のしめじと水菜のクリームパスタを作る。牛乳とバター仕立ての簡単パスタ

スポンサーリンク



P1020869

鮭とクリームって相性バリ良いっすよね、クリーミーなソースとあいまってめちゃ食いやすいです。そんな中、水菜が入ることでお口のなかがふわふわになりすぎなくていいです。その為にも水菜はさっと火を通して歯ごたえを少し残すのがポイントになります。

ソースのベースは小麦粉・牛乳・バターをベースにほんと家にあるもんだけ独身男らしく潔くいきます。こう書くとなんかブログ始めた当時の気持ちがよみがえるぞうおおおおおお。パスタは1人前分量が決めやすく作りやすくていいですよね。

材料

P1020847

パスタ 1束

しめじ 1/2房

玉ねぎ 1/2個

水菜 1束

鮭 1切

にんにく 1片

▼パスタソース

小麦粉 大1

牛乳 100ml

バター 10g

固形コンソメ 1個

白ワイン 大1

 

まずお湯を沸かしだしてください。時間かかりますものね。

P1020846

鮭には高い打点から塩を均一にかけて10分くらいおいときます。塩鮭なら不要です。この高い打点から塩をふる行為は「尺塩」というらしいです。なんでも1尺=だいたい30cmぐらいなことからそう言われるらしいです。覚えておきましょう。覚えきれない人は もこみち とかでいいと思います。だれも知らないです。10分たったら水気を拭き取っておきましょう。

P1020848

にんにくは薄く輪切りにしておきます。芯は抜いておいてください。玉ねぎは薄切りに、しめじは石付きを切り落としバラしておいてください。

P1020849 P1020850

鮭の皮をとって細かく切っておきます。切ったらコショウを少々いってください。

P1020851 P1020854

鍋にオリーブオイルを大1.5ほど入れて最弱の火力から薄切りしたにんにくをゆっくり炒めていき油に香りづけしていきます。きつね色になったら一度皿に上げておきます。

P1020855

香りが付いた油に具材を投入して炒めていきます。順番は特に気にしません。火の通り考えたら玉ねぎが先でもいいかもしれません。そこはお好みです。まずくはなりませんけん。

P1020251

平行して麺を茹で始めます。ゆであがりは6分〜7分を想定しています。はや茹で系の麺を使う方はもうちょい後で

P1020857

具材にあらかた火が通ったら端に寄せ、空いたスペースにバターと小麦粉をねじ込んでください。2つを溶かしつつ混ぜ合わせてください。

P1020859

あらたかバターと小麦粉がなじんだら牛乳・固形コンソメ・白ワイン・皿にあげておいたコンソメを加えます。

P1020862

混ぜ合わせて味をみて、必要であれば塩、コショウを加えて味をととのえてください。ここで火をとめてパスタの茹であがりまで待ちます。

P1020865

茹で上がったパスタと水菜を加えて合えていきます。トロミはパスタの茹で汁で加減してください。水菜に火を通しすぎないようにして下さい。

P1020870

見栄えもGoodです。冒頭でも触れましたが水菜が意外といい仕事します。鮭ときのこでも十分クリーミーでうまいんですがね。水菜は鍋シーズン以外ではあまりがちな食材ですがここでは最高どえす。今回はシンプルにまとめましたがチーズとか入れても濃厚な感じになって美味しいと思います。クリーミーパスタは奥深いすねぇ…

 

▼鮭を使ってこんなのもどぞー

サーモンのブラックペッパー漬丼を作る。ねとめしチャレンジ。楽してうめぇ調味料まぜてつけるだけで鮭が化けた。

 

塩鮭と野菜の味噌チーズ焼きを作る。ちゃんちゃん焼き風にするとクソうめぇえぇ!!

 

おしゅしだよ! おしゅしなマスコット 全5種セット
タカラトミー
売り上げランキング: 22,807

この記事をシェア!