諫早・Linden(リンデン) 海辺の隠れ家的カフェはとても居心地がいい

スポンサーリンク



 

p1020919

ようやく見つけた。一人でゆっくり贅沢に過ごせる場所

ずっと行ってみたかった場所があってジュンノスケの帰りに寄ってみました。ぽんぽん一杯だったのでコーヒーだけでもと思ってね。国道251号線の海沿いを流していると、あります。ただ国道には面していないのであしからず。正直クソわかりずらい。なんせ車のナビさえ一度間違えた。

p1020915 p1020916

駐車場も店に隣接してないというトラップあり。とにかく立地的には全然恵まれてないのが今回紹介するリンデン。上の写真のリンデン看板位置から写真奥の電柱と白看板の所まで歩きます。

p1020917

小さくLinden←と書かれた看板がおわかりいただけるだろうか…初見トラップが多すぎる。ここで左折して海のほうに下っていきます。p1020918

あずき色っぽい屋根の建物がみえます。あれがLinden

p1020920 p1020921

あずき色の屋根の建物は2件あります。左手のほうが店舗です。右側はなんだろうね。

 

想像以上に居心地がよいぜ…

p1020928 p1020927 p1020925

たどり着くまでの苦労がぶち飛んだね。気品にあふれてて、配置されたテーブルや椅子、そしてなにより古い建物を改装して得られるクラシックさがありました。

僕の経験上こういう上品で静かな場所はえてして居心地が悪いんすよ。しかしここは不思議と落ち着く。ほっとします。店内に流れるBGMもいいチョイスしてました。羊毛とおはな的なやつ。きどらない優しさと暖かみが感じられる。

カウンター席が予想以上に多いので一人で来ても大丈夫だぞ。

img_7021

窓際のカウンター席からは大村湾が望めます。

 

メニューと料金

img_7019 img_7018 img_7017 img_7016 img_7015 img_7014

ワッフルと和紅茶がウリです。ブログを書きながら今気づいた。

なぜコーヒーを頼んだんだ俺。和紅茶頼む流れやろ…

来られていたお客さんのほとんどがワッフルのセットを頼まれていました。

ランチ使いができる店が増えたぞ!やったぜ!

p1020924

基本僕、カフェに長居ができない人なんすよ。連れでもいない限り、コーヒー飲みほして10分くらいだらっとしたら席をたちたがる人なんですけど。ここは本当に居心地がいい。ずっと居れる。

 

一人で特に予定もなくドライブしたくなる時あるやないすか。ないですか。そうですか。

そんな一人の休日の狭間に過ごしたい。なにもせずぼーっとできる贅沢があります。

ワッフルもすげぇ美味そうだったしね。次回はランチに来ようと思います。

p1020929 p1020930 p1020931

二階につながる螺旋階段があったので何があるかお伺いした所、雑貨を置いているとの事で拝見させて頂きました。

ティーマットとティーコージーがありました。今後は種類を増やして展開したいと仰ってました。ハイセンスです。紅茶にこだわってるのがよくわかります。ティーコージーとか10年ぶりくらいに見ました。(ティーポットを保温するやつね)

接客も常に笑顔ですごく気持ちよく過ごせました。また来ます

ごちそうさまでした!!

 

Linden(リンデン)

住所:長崎県諫早市早見町622

TEL:0957-51-6028

営業時間:11:00-17:00

11:00-14:00 (Lunch)

16:00 (L.O)

・祝日は時間変更の可能性有

定休日:木曜日

▼諫早のカフェならこちらもオススメ

nekomachihanten.net/post-1972/ ‎

 

この記事をシェア!