長崎のわざわざ行きたいカフェのオススメまとめときました

スポンサーリンク



猫町
どもども!こんちゃす!猫町です。

みなさんカフェ好きっすか?今回は私が今まで行ってきてこらわざわざ行く価値のあるばい…!と思った長崎のカフェをまとめてご紹介するっす!

普段忙しい毎日で、しょうがなく街中のチェーンのオープンカフェばっかり行ってる人にこそオススメしたい。長崎の地場のカフェばっかりです。

いつもの馴染みのオープンカフェにいくのもいいけど休日くらい穏やかな時間をコーヒー片手に過ごしたい…そんな方の参考になれば嬉しいっすね!

町外れの店も多いのでドライブがてら行ってみるのをオススメするっす。

カフェに関してはまだまだ私も道半ば。オススメが増えたら随時追加していきますけん!それではどうぞ!

諫早・JUNNOSUKE(ジュンノスケ)

p1020913

住宅街の一角にひっそりと佇むJUNNOSUKE。住宅街という場所が場所だけにパッとみても普通の一軒家にしか見えないんですけどここが凄いんですよ。

p1020909 p1020895 p1020905
猫町
インテリア・家具・内装すべてが民家感を一蹴してるっす!

JUNNOSUKEは住宅改装型の店舗なんですが一歩店内に入るとすごいフランス感がただよいます。しかしほのかにカジュアル感もあるので、かしこまりすぎず落ち着いて食事ができるっす。

総じて住宅改装型は居心地が悪いんですけどここは異例ですね…心地よい。客層は女性2名組が多いです。住宅街なのでママさんが主体ですが遠くから若い方々もこられているみたいです。

カウンターはないのでお1人様は少々入りにくいですが休日の充実度はすさまじく上がります。

とにかく人気店なので早めの来店が吉です。立地的によくはないんですがそれでも客足が途絶えないんですよねぇ…

カフェ ジュンノスケ(Cafe Junnosuke)

住所:長崎県諫早市日の出町16-15
TEL:0957-22-1625
営業時間:11:30-14:40 (Lunch)
14:30-17:00 (Cafe ※土日祝のみ)
18:30-21:30 (Dinner)
定休日:火曜日

あわせて読みたい

諫早・JUNNOSUKE(ジュンノスケ) 住宅街にひっそりと佇む温かなアンティークカフェ

 

諫早・Linden(リンデン)

p1020921

橘湾沿いにこれまたひっそりたたずむリンデン。外観もカフェ感が無いし、場所もわかりずらい。

本当に最初に行った当時はグーグルマップ先輩すら頼りにならなかったほど。隠れ家感は今回の店の中でもダントツです。ただここが本当に素晴らしかったんです。

p1020928
猫町
地元産にこだわった食事と和紅茶、そしてずっといたい空間。強すぎる…

とても静かな空間のリンデン。客層も落ち着いています。BGMもしっとり。あまりにも静かだと落ち着かないんですがリンデンは不思議とずっと居たくなる。

気取らない温かさって表現でしょうか。店員さんの対応もとても丁寧で癒されますね。

古い建物を思い切ってリノベーション。その空間にクラシカルな調度品や食器がよく合います。

とくにオススメなのは地元産の食材をふんだんに使ったランチセット。そしてここでは紅茶をチョイスしたい。和紅茶を採用されていて外国産とは一味違います。

訪れた時の紅茶は嬉野産でした。いやはやここまで…おみそれいりました。

Linden(リンデン)

住所:長崎県諫早市早見町622
TEL:0957-51-6028
営業時間:11:00-17:00
11:00-14:00 (Lunch)16:00 (L.O)
定休日:木曜日

あわせて読みたい

諫早・Linden(リンデン) 海辺の隠れ家的カフェはとても居心地がいい

 

諫早・梅蓮(ばいれん)

諫早市・福田の山の中にあります。思っていたより道のりは遠かったすね。

『この道であってるの!?ねぇ?』って1人で自問自答して車を走らせた良い思い出っす。外観はどう見ても高級割烹店ですね。初見はびっくりしました。

猫町
目にも嬉しい中庭に癒される!ご飯も美味しい!

梅蓮の大きな特徴として広く設計された窓。ここから素晴らしい中庭を望むことができます。自然豊かな立地を活かした贅沢な内装です。

この景観を味わうためにも是非カウンターを。お一人様も余裕ですね。

そして梅蓮は自家製のパンを含むランチコースがオススメです。1品1品にとても気遣いが感じられます。

最後のデザートをゆっくり楽しみながら自慢の中庭をながめてコーヒーをすすると幸せを痛感できるっすね…

梅蓮は予約必須です。特に週末飛び込みはかなり難しいです。道のりも遠いので必ずしておくことをオススメするっすよ!

梅蓮
住所: 長崎県諫早市福田町2237
営業時間:11:30-17:30 (夜も営業されているそうですが完全予約制とのこと)

諫早・TOLGA CAFE(トルガカフェ)

p1030038

本明川沿いにコンクリ打ちっ放しのモダンな建物がみえたら歩みを止めて欲しい。あきらかにオフィスなんやけど実はここの4Fがトルガカフェになります。諫早中心部ですが駐車場も完備。嬉しいね。

p1030053 p1030050 p1030046
猫町
全面ガラス張りから諫早を望む贅沢。わんちゃんもOKな貴重な店舗です。

外観以上に内観もスタイリッシュ。溢れんばかりの開放感は気分も晴れわたります。ソファー席もテラス席もあってゆったり過ごすことができるっすね!

特にソファー席は立ち上がりたくないレベル。ずっと座っていたい程ふかふかでした。

佐賀牛煮込みハンバーグの看板メニュー・トルガライスや、諫早新名物のうなタルサンドなど食事のメニューもパンチが効いています。

カフェ使いだけでなくミールメニューも充実しているので諫早市内でランチに迷ったらここも視野にいれるといいっすね!

TOLGA CAFE (トルガカフェ)

住所:長崎県諫早市東本町1−5
TEL:0957-21-5650
営業時間:11:00-20:00
定休日:火曜日

あわせて読みたい

諫早・TOLGA CAFE 開放感溢れるスタイリッシュでモダンなカフェ。あっぱれとしか言いようがない。

 

諫早・からこ野

251号線からすこしそれた山の中にひっそりと佇む『からこ野』ドライブの途中にほっと一息つくのにとってもオススメです。

猫町
窓から差し込む緑が嬉しい森の中の静かなカフェ。癒されるのにうってつけばい。

静かな店内は開放感があってゆったりくつろぐことができます。店内にはギャラリーも併設してあるので待ってる間にみてまわるのもいいですね。

名物は果物がはいった『花ロール』優しい風合いを生かしたお菓子はコーヒーとよく合います。

大きく広くとった窓からは森の情景が広がります。ゆっくりしたい休日にからこ野の居心地の良さはハマりますよ。

友人と日頃言えてない話をゆっくりしにきてはいかがでしょうか。ランチもやっているので使い勝手は無限大です。

からこ野
住所:長崎県諫早市森山町唐比北466
TEL: 0957-36-2380
営業時間:11:00-18:00
定休日:火曜日

あわせて読みたい

からこ野(諫早市)森の中にひっそり佇む穴場カフェで花ロールをいただく

 

大村・WARANAYA CAFE

『これがカフェ!?』そんなインパクトのある外観が大村にある『WARANAYACAFE』です。

看板がなかったら間違いなくわかりませんよね。すごいのは外観だけでなく中身も納屋(物置小屋)を改装したものなんです。長崎にカフェは数あれどこういう形態はここだけだと思います。

waranayacafeは山の中にあって大村の市街地からでもけっこう時間かけて走らんといけんす。休日にのんびり行くとよいですね。

猫町
自然の中でヤギや馬も放牧されているピースフルな環境。釜焼きピザもおすすめです!

内装は年季の入った柱や梁がそのままに活かされています。しかしながら古臭さなんて微塵もなく、センス溢れるリノベ空間と長居したくなる居心地の良さがありますね。

パスタの他に嬉野紅茶やデザートもあります。こちらもすごく美味しかったですね。店内中央にある釜で焼き上げられる自家製ピザもすごく評判がいいのであわせてオーダーしたいところ。

お持ち帰り用に自家製小麦粉の焼き菓子もラインナップされています。お土産に買ってかえるのもいいですね。

ワラナヤカフェ(waranayacafe)
住所:長崎県大村市東大村1丁目1880−72

 

雲仙・刈水庵

うん。完全に家。今までの店はなんとなくわかったけどこれは完全に家。異論は認めない。そんな感じに思っていたんですけど中はリノベーションが行き届いたハイセンスな空間が広がっていました。

2013年に長崎を拠点とする小浜出身のデザイナー・城谷耕生さんがオープンさせた喫茶を併設したギャラリーです。

猫町
古民家が持つ空気感が活かされノスタルジーに安堵します。ゆっくりと時間が流れる

1Fはギャラリーで2Fがカフェスペースになります。

ごくごく控えめにBGMがかかっており静かに過ごすのにうってつけです。これこそお一人様でくるべきカフェかもしれません。読み物や書き物をするには最高ですね。

窓からは小浜の温泉街が見渡せて立ち上がる湯気を見ながらゆっくり過ごせます。ここは休日の充実感がすごく高まるんすよね。『あ〜休んでるわぁ〜』ってなる。

忙しい毎日で忘れていた安堵の空間。古民家がもつ空気感はこんなにも安らげるものなんだなと痛感した瞬間でした。

携帯の電源落としてゆっくり過ごしてみてください。

刈水庵

住所:長崎県雲仙市小浜町北本町1011
TEL: 0957-74-2010
営業時間:10:00-17:00
定休日:火曜日・水曜日

あわせて読みたい

刈水庵(雲仙市小浜町 )古民家リノベーションが活きる洗練されたハイセンスカフェ

島原・茶房&ギャラリー 速魚川(はやめがわ)

島原の城下町の魅力は具雑煮だけじゃないっすよ!島原市にある猪原金物店の内にあるのが茶房ギャラリー・速魚川。猪原金物店は明治10年創業の九州で2番目に歴史の長い老舗金物店です。金物屋さんにカフェ併設なんて珍しい形態ですよね。

猫町
全ての料理に名水百選・島原の湧き水を使用しています。美しい坪庭もいいっすね!

湧き水仕立ての珈琲・紅茶はもちろんのこと、島原名物のかんざらしなど。水が綺麗な島原の特権メニューが並びます。まごうことなく美味いんだけど猫町オススメはカレーっす!

地元産の野菜をふんだんに使ったカレーでね。このカレーには肉がまったく入ってません。いやでもこれがほんと肉いれんで正解やって思えるくらい。

特に椎茸には感動すら覚えた。こんなに野菜がうまいんすか!?そこに湧水仕立てのカレールーですか…強い…

席から望む坪庭を美しいんですよ。島原の情緒を感じながら休日を過ごしてみてください。

茶房&ギャラリー 速魚川

住所: 長崎県島原市上の町912
TEL: 0957-62-3117
営業時間:11:00-18:00(注文は-17:30)
定休日:水曜日・第3木曜日(国民の休日は開店)

長与町・SissingHust(シシングハースト)

P1010468

長崎のアンティークカフェといった場合、シシングハースト抜きには語れない。それほどまでに絶大な支持を持つお店です。市内はおろか、県外からも休日を利用して訪れる人がいるほどなんですよ。

P1010465 P1010886 P1010882
猫町
私のカフェ眼を変えたとても大事な一店です。ここがなかったら猫町飯店のカフェの記事はもっと少なかったはず

この記事の主旨をそのまま代弁してくれてるかのような店です。店内は西洋食器やアンティークに囲まれ、イギリスの空気感が強いっす。そして長与の自然に囲まれた立地。特別な空間であることを体感できます。

『街中にあるような便利な場所じゃない。Wi-Fiも飛んでない。ただなんだろう。この充実感、めっちゃ落ち着く』

当時オープンカフェでそれはそれでくつろいでいたけど、休日に行くならこんなとこだなって初めて思えましたね…

店内かテラス席かは入店時に聞かれますぞ。かなりの人気店です。お昼前には満席になるので11時過ぎあたりから余裕もっていくといいと思います。超おすすめばい。

シシングハースト
住所: 長崎県西彼杵郡長与町岡郷1670−3
営業時間:11:00-18:00
定休日:月・火曜日

あわせて読みたい

長与町・SissingHust(シシングハースト) 都市型カフェに疲れたみなさまへ

東小島町・Coffee & clayworks 笠

正覚寺電停から坂道を登って登って駄目押しに階段をのぼると見えてくるのがCoffee & clayworks 笠です。

非常に分かりづらく初見では中々気づきにくいのですが坂の途中の自動販売機と上写真のセンスフルな石の看板を目当てに向かいましょう。

猫町
”わざわざ行きたい”ってことに関しては圧倒的に1位かもしれません。道のりはほんの少しだけ険しいですが行く価値あるっすよ!

長崎のコーヒー通の方が、太鼓判を押してリピートする非常に人気の店です。それでいて初めての方に対しても優しいです。ししとき川沿いの珈琲人町のご主人がされてる店になります。

最大の特徴はそのコーヒーの美味しさと静かで洗練された空間。本を片手に静かにコーヒーを飲むのにうってつけです。お客さん達もそんな笠の空気を理解されてる方達ばかりでした。

町の喧騒から離れて休日をゆったりリラックスして過ごしたい。そんな方にCoffee & clayworks 笠は非常にオススメですね。

店名の通り器やカップの販売もされています。味がある作品ばかりです。珈琲が淹れられるの待つ間、見て回るのも楽しいですぞ。

営業日は金土日のみの限定なのでそこは注意が必要です!

Coffee & clayworks 笠
住所:長崎県長崎市東小島町5−1
営業時間:10:00-17:00
定休日:月・火・水・木曜日

 

長与町・アンボワーズ(amboise)

p1030191

長与町の高田郷にあるアンボワーズ。手入れの行き届いた庭を保持し一軒家で運営しております。外観から非常にいいですね。カフェだけじゃなく美容室も運営されておりアンティーク家具の販売もされています。

p1030188 p1030189 p1030183
猫町
買い付けたガチのアンティーク家具と徹底された内装。フランス家庭料理にと、うおお…ここは長与じゃない!

ここもシシングハースト同様、長崎のアンティークカフェで必ず名前が上がります。シシングハーストがイギリスならばこちらはフランスです。

店内も徹底してフランスの雰囲気を貫いています。買い付けた家具やそもそも建物や建具自体がアンティークだものね。

食事にもフランスに対するこだわりを感じるんすよ。パンベルデュやガレット等、フランスご当地メニューが豊富です。さすがっすわ!

客層の90%が女性ですね。カウンターもありますが2人掛けがメインです。

お一人様難易度はかなり高い印象でしょう。でもそれは男性1人に限ってで。女性お1人様は結構いますけん安心してどうぞっす!

ここもかなりの人気店になります。お客さんの回転は遅いので時間にはゆとりを持って来店されてくだされ。

アンボワーズ(anboise)
住所:長崎県西彼杵郡長与町高田郷2186-1
TEL: 095-855-8338
営業時間:11:00-18:00
定休日:木曜日・金曜日

あわせて読みたい

長与町・アンボワーズ(amboise)でランチ。高田郷に吹くフランスの風

樺島町・デモッソノットキーノ

長崎県造船共同組合…!?初めましてさんを回れ右させるトラップがいきなりあります。『みてくれ』はどうみてもカフェじゃありませんが、ここがデモッソノットキーノになります。

初めて来た人は『えっ、あってるよね!?ここよね!?』って間違いなくなりますが、是非入ってください。素晴らしい空間が広がりますよ。

猫町
アイテムは年代物ですが古さを一切感じさせないハイセンス。長崎の新たなカフェの形をみたっす!

店内に一歩入るとアンティークな家具やインテリアに心奪われます。

デモッソノットキーノはカフェと並行してアンティークの展示・販売をされているんです。厳選しているのでしょう。ゆとりを持たせたレイアウトに家具に対する愛を感じます。

こういう調度品は、重くなりがちで古さを感じるんですがアイテムの選定によってこうも空間が素敵になるんすねぇ…

そんな中で頂いたベイクドケーキと珈琲。ランチタイムはカレーやキッシュなどのミールメニューもありますぞ。

珈琲豆はカリオモンズと人町珈琲から仕入れているそうです。地場のコーヒーショップの豆を使っているのは嬉しくなります。

デモッソノットキーノは写真展などのレンタルスペースにも活用できるそうでたまにイベントがあります。お問い合わせしてからの来店をオススメしますよー!

デモッソ・ノット・キーノ
住所: 長崎県長崎市樺島町2−11
TEL: 095-893-8355
営業時間:  11:30-18:00
定休日:不定休(HPに記載あり)

あわせて読みたい

樺島町・デモッソノットキーノ 惚れる空間作り!!アンティーク&居心地良のカフェ

 

大浦町・エイトフラッグ

オランダ通りにひっそり佇むエイトグラッグ…立地もいいし大浦天主堂・グラバー園周遊中なら穴場スポットかもしれないですね。

CAFEまとめですが、こちらは紅茶専門店ですが是非ご来店を。コーヒーはありませんのでそこは注意ですがそれでも極上の時間が過ごせます。

猫町
紅茶はもちろん美味しいですがふんわり出来立てのティーワッフルも絶品ですけん是非オーダーを!

店内は英国の雰囲気がプンプンでとてもおしゃれです。アイリッシュパブを思わせるようなキャッシャーのカウンターもイカします。

紅茶専門店らしく茶葉はかなりの種類から選べるのも嬉しいですね。メニュー表にはそれぞれの茶葉の特徴や味の説明書きがあるので紅茶初心者さんも大丈夫な親切さがありますぞ。

ポットで3杯分以上でてくるので満足度も高い。そしてここではマスター手焼きのワッフルが超オススメです。ベリーをふんだんに使ったワッフルは柔らかくてめちゃウマです。

客層も落ち着いてて静かに過ごせます。ワッフルの焼いている時の香ばしい匂いを楽しみながらゆっくりサーブを待つ至福のひと時をいかがでしょうか?

エイトグラッグ
住所:長崎県長崎市大浦町5−45
営業時間:14:00-19:00
定休日:月曜日

 

諏訪町・ツルさんのコーヒー

日本初の石造りアーチ橋である眼鏡橋。現在国の重要文化財に指定されています。

そんな眼鏡橋の目と鼻の先にあるのがツルさんのコーヒー眼鏡橋店。長崎観光にきた方の休憩には最高のロケーションでも長崎を楽しめるです。

猫町
眼鏡橋を望みながらベルギーワッフルとコーヒーを。こいつぁ贅沢っすね!!

2017年オープンで内装はバリバリ新しい。すごく綺麗で清潔感あります。空間もひろびろ取っていて気分もゆったりできますぞ。

1杯1杯づつ淹れるハンドドリップのコーヒーと正統派ベルギーワッフルはバターと砂糖が効いてザクザクの食感にほんのり甘い。

食器も地元長崎の波佐見焼を使用しています。こういう所も嬉しい。そんな波佐見焼の食器や、オリジナルの長崎ピュアチョコレートも販売している。

ちょっとしたお土産を買うにも便利がいいんすよ。長崎観光で眼鏡橋エリアを攻めるなら是非候補にいれてて欲しいお店です。

ツルさんのコーヒー眼鏡橋店
住所: 長崎県長崎市諏訪町6−27

\こん記事ば今からシェア/