LUMIX DMC-GM1 ブログで使ってるカメラについてレビューしてみる

スポンサーリンク



おっすおっす。見事に夏バテしとります。猫町です。

最近になってこのブログで使ってるカメラについての問い合わせが2回ほどありました。ここでひとつウチの相棒を紹介しますわ。

主に食べ歩き記事で使ってるカメラですけどPanasonicのLUMIX DMC-GM1を使っています。

まあiPhoneでもいいんでしょうけど私の5Sやけんね。なんか画質的に不満。

美味しいものをお届けするのに写真って超重要じゃないすか。美味しかったもんは美味しく伝えたかよね。店に対する礼儀とか大層なこと言ってるわけじゃなく。

ほら、僕文章がすっごいヘタクソで半端じゃないですか。私がブログを書く上で文章以上にみなさんに伝えたいことを伝えてくれる超重要な相棒なんです。

 

どんな写真を撮ってきたか見てみましょう

 

いかがっすかー。懐かしいモノもちらほらで写真貼付けてる時に嬉しくなりました。iPhoneとは明らかに違うことがわかると思います。(LUMIX DMC-GM1自体を撮っている写真はiPhoneです)

この他にも作例見たい人はこのブログを隅々までくまなく見てください。8割がDMC-GM1で撮影しています。

なんでLUMIX DMC-GM1を使うか

これを使う前はLUMIX DMC-GF2を使っていまして。これがもう10年前くらいのモデルでしてね。ちょいとガタがきてたわけですよ。

そこで操作性も同じで新しいモデルを探すわけですがこれが高いのなんの。

今だとLUMIXのGF9です。

ううう…発売されてだいぶ経つのに未だ6万円台やぞ…それ買うくらいなら美味しいもの死ぬ程食えるじゃんすか…

そこで同じようなやつで型落ちの商品がないか調べていた所みつかったのがLUMIX DMC-GM1でした。

うおおおおおお!!4万円台!!しかも主要なスペックがGF9とほとんど変わらないだと!?

今はGM5が現行の機種ですがこちらも値段が落ちない人気機種でした。それでもGF9と比較すれば安いけどGM1のほうがまだ安い。

 

そんで僕はGF2を使っていた時のレンズを持っていたのでボディだけ買えば良かったのです。Amazonを来る日も来る日もボディのみの出品がないか血なまこでチェックする日々を続け、状態のいいボディを2万円強で購入。今に至ります。

ちなみにレンズは同じくPanasonicのH-H014です。オーソドックスな単焦点ですね。基本的にDMC-GM1とASPH.H-H014の組み合わせだけでこのブログを回してます。

操作ボタン・シャッター周り

ほぼ、他のマイクロフォーサーズ機と変わりませんね。モノ撮りするには申し分ないです。

  • AUTO
  • MANUAL
  • 動画モード
  • SS優先
  • A優先
  • インテリジェンスオート
  • シーン識別
  • カスタム(C1,C2)

ここはLUMIX共通でしょうか。GF2を使ってた私はすぐに慣れました。

 

液晶は本体一杯です。DMC-GM1はとにかくサイズが小さい!!これでもマイクロフォーサーズのミラーレス一眼なんですよ。

iPhone5と比べるとその小ささがわかると思います。ほんとコンデジ感覚でバッグに忍ばせることができます。ちいせえ。

 

それでもマイクロフォーサーズの一眼なんだぜ!!レンズを交換出来る楽しみがあります。お金貯めていいやつ買いたいですなあ。こういうカスタム心を忘れんごとしたいっす。

カメラに凝るっていうのも「充実した休日」の要素になりそうですわ。レンズ沼にハマるとお金が一杯飛んで行きそうですけど。

レンズ交換とかよかけん一回買ったらあとは何もせんでよかとが欲しいって人はSONYの高級コンデジのRX100シリーズが良さそうです。

名だたるブロガーさんがこぞって使用してますぞ。1なら3万円台だしこちらも最後までGM1と悩みました。正直予算があればRX100M5を買ってたと思います。

LUMIX DMC-GM1のここが良い3点

  1. この価格帯で電子シャッター搭載
  2. クソ小さいのでコンデジ感覚で取り回しが楽。初心者でもいい写真が撮れる。
  3. Wi-Fi経由でその場で携帯に画像転送できる。

もう1番だけで私としては買う価値があったんです。電子シャッターは、ほぼ音を出さずにシャッターを切れます。これ素晴らしい。

静かなレストランやピアノの発表会とかで「カッシャーン…」と鳴ったらとてもじゃないけど「おいこら貴様」って空気になるよね。

食べ歩きブロガーや気にしいの人には絶対いる機能やと思います。店の人がいいって言っても他の人はシャッターの音に敏感な人多いです。

そしてそんな電子シャッター搭載モデルは基本的に高値です。調べてもらえたらわかると思いますが現行で電子シャッター搭載モデルで一番安価なのは恐らくDMC-GM1です。これも決め手のひとつでした。

飲食店でガチな一眼カメラ振り回すのもさすがに私みたいな初心者は厳しいですしコンデジ買うくらいならiPhone7にするかなあと。中間のいいとこどりってとこっす。

DMC-GM1用の専用のアプリを落とすと携帯に無線で画像が転送できる。その場で携帯では撮れない良い画質の写真がインスタとかにあげられるわけだ。こいつが地味に便利である。

LUMIX DMC-GM1のここがダメ3点

  1. バッテリーの持ちが悪い
  2. 液晶横のボタンがぎゅうぎゅうで誤操作しちゃう
  3. 小さすぎるがゆえに交換するレンズが少ない

1日フルで使用したらあっという間に電池が減っている。必ず予備バッテリーを持ち歩きます。

2番に関してもこれが小ささを優先した弊害かもしれません。意識してたら大丈夫だけどいつの間にかメニューが立ち上がって来てたりしてシャッターチャンスを逃したりします。

 

3番も小ささを優先した結果でしょうかね。ちょっと厚いレンズを買ったら最高にアンバランスになること請け合いですwとりあえず今狙っているのは神レンズと呼ばれるH-H020Aですけどこれでもデカいらしいんだよなあ。

買ってよかったクローズアップレンズ

単焦点のレンズは、ほぼ取れる領域が決まってるです。

料理をとる時はなるべく寄って撮りたいんですよ。しかしマクロレンズなんて高価なもん買うお金なんて全然あるわけなくて、迷ったあげくクローズアップレンズを買ってみることにしたんです。

クローズアップ装着の図。クローズアップレンズってのは要は「カメラレンズ用の虫眼鏡」って感じです。すこーし気持ちだけ寄れることができるんですが気にいっています。

「ま」にピントを合わせて撮ってみた図です。上がクローズアップレンズ未使用でピントが合う限界の距離です。

下の写真がクローズアップレンズを装着して「ま」にピントを合わせた限界の距離です。

少し寄れてることがわかりますでしょ?でもこれはほんと気休めですね。

つーかキーボード汚ねぇ

まとめ

初心者の方で、これからマイクロフォーサーズの一眼を買おうかなーって思っている人にはめちゃオススメできます。とにかく一眼なのに小さいので色んなとこに連れていけます。

私も大して設定してないけどそれなりに撮れるので誰でも簡単に操作できると思いますよ。ただ今はDMC−GM5が現行モデルなんで家電量販店で取り扱いがほぼ無いのがネックです。

amazonや楽天でたまにいい個体があるので興味のある方はチェックしてみてください。ではでは猫町でした。

この記事をシェア!