やき鳥・とら屋(住吉)予約は絶対。飛び込み入店があまりに難しい店は全方位死角無し!

スポンサーリンク



住吉・銅座・思案橋・浜口エリアは、ほぼ毎日のごとく出歩いているんですよ。ぼかぁ。

猫町
酒うめぇ

まま、毎日飲んでるわけではなく飲んでるなんか目新しい店や美味そうなとこないっすかねえとか思いながら歩いてるんです。

そんなある日、私は住吉にある一軒の焼き鳥屋さんをロックオンしたわけよ。ホールドしたわけよ。ただ本当にいつ行っても席が埋まってる。埋まりまくっている。

『いつか空いてる日がくるやろ』って楽観視してたのが間違いだった。来る日も来る日も満席で気づけば2年の歳月が流れていました。

少なくとも50回以上はチェックかけてた。そしてようやく空いてる日があり入ったのです。

実体験で飛び込み入店できる可能性は2%以下ですね。さすがに笑う。

ただね、実際入って食って思った。人気になるはずだよここ。そんな『焼き鳥とら屋』の魅力を紐解いていきましょう。

アクセスマップ

住吉の商店街を一本路地に入った所にあります。大きな提灯が灯っているので一発でわかるはず。

こうやってgoogle MAPみると本当に住吉エリアは焼き鳥激戦区ですなぁって思う。

店舗内観

店内、カウンターと4人席の掘り炬燵が4台。決してキャパがないわけではないんすよね。照明はわりかし落とし気味で全体的にオシャレな空間があります。

猫町
おしゃれやし高級感や清潔感めっちゃある。焼き鳥屋っぽくないすねえ

BGMもJAZZYですわ。普通の焼き鳥屋さんとえらく違う。客層も女性が多く、ここも人気の要因を作ってる一つじゃなかろうかって思います。

こちらはカウンター。全体的に高級感が漂う。

椅子は長椅子で一本。隔てる空間ががないので2人でくると距離が縮まりそうですね。雰囲気とあいまってデート使いもいいと思います。

実際1組カップルらしきペアもいましたですし、別にうらやましくないですし、嘘ですし、お寿司。

猫町
泣いてない

じゃあ飲みやすか!!

まずはビールで!ウイスキー・ワイン・焼酎・カクテル・酎ハイ・ソフトドリンクなどなど一通り揃っている。

自動で付き出しとキャベツがでてくるぞ。こちらの皮酢が秀逸でした。酸味は控えめで優しい。近年湯引きは酸っぱすぎるのよなあって思ってた。

皮の味がしっかり楽しめる。一味をふりかけるとさらにトベるぜこりゃ。無限に食えるよ。キャベツはなくなったら声をかけてくれる。気配りも嬉しい。

おまかせで頼んでみた。5本で590円だ。

僕、お任せ苦手なんすよ。内臓系得意じゃなくてね。やけん高めでも単品で頼むんす。

でも前情報から『たぶんあそこの内臓なら猫町さんでもいけるっすよ!』という意見を頂いていたので信じてみた。

正解だった。

猫町
なんこの豚ハツ!!!くっそうめえ!!!

こりゃすごい。今まで食べてきた豚ハツはなんだったのかってくらい食べやすい。そしてやわらけええ。こらうまかばい…

どうしてもエグさとかクセってのは避けれないし、むしろそれが内臓系のウリなんだけど苦手だった。しかしこの豚ハツは美味いっすね。

レバー・砂ズリに関してはもう少し歯ごたえやクセを楽しめる仕様になっていた。それでも一般的な内臓モノより俄然食いやすい。

ささみ・豚バラも高水準。焼き方が絶妙だしほどよいボリュームだ。これで590円はお得すぎるかもしれない。

野菜串も秀逸だ

これを楽しみにしてきた感はある。野菜串も評判がいいのは聞いていたんすよ。

主軸を玉ねぎ・ナス・ピーマン・しいたけに絞り、味噌や塩やバター醤油など4種類のフレーバーの中からチョイスする仕組みだ。

ピーマンは本当にずみずしく歯ごたえがいい。そして味噌とよくあいます。こりゃよく考えてありますねえ!うまいっすよ!

そして玉ねぎ。こいつが今回一番の伏兵やった。バター醤油でいただいたんだけどこいつがうめぇのなんの。

猫町
これヤバイっすねぇ…

そもそもこんなん一般的にバター醤油ゴリ推しでも十分うまくなるメニューなんすよ。ただ玉ねぎ自体が美味くないとこうはいかんでしょ。

野菜本来の甘さをバター醤油がブーストさせた凶器みたいな一品です。こら美味いっす。食って欲しいですなあ。

こうなってくると他のも食べてみたくなる

お財布も寂しかったんでここらへん退散せんばねって思いながらも、こんなに美味いとなると他のも頼んでしまう猫町の性よ。

ももと皮を追加。やっぱ焼き鳥いうたらこの2本なんですよぼかぁ。

ももはジューシーやし皮はパリっと。でも他の店より1歩先を歩く味。なぜやろうと思っていたけどここでようやく気づく。

猫町
タレや!!!!

そうなんすよ。タレが独特なんすよ。余ったるさはなく奥深い。香ばしいという言い方であってるかわからないですが旨味の中に個性を感じます。

全体的にこの店は随所にこだわりが見えるんす。こういったところはチェーン店では味わえない創意工夫ですよね。

しょうがないんや…うまいけんしょうがないんや…

そしていつの間にか目の前の串入れにはどんどんと…

猫町
こ…こんなはずでは…

ちょっとのつもりだったが気付けばがっつり食ってた。美味いけんしゃーない。

結構するやろなあって思ったら2400円ほど、おろろ。ハイボールも追加してたのにこりゃありがてぇや。

高級感ある店ですがそんなに高くはなりません。ここもまた人気の一つかしらね。

それもそのはず焼き鳥はスタンダードなメニューなら95円〜145円あたりが多い。今回私が注文したのもこのエリア。

ちょっと創作した分では172円〜となっている。やけん浜の町・銅座・思案橋エリアの平均値よりも安い印象なんすよ。

焼き鳥は23:30までなのでご注意を

とら屋は朝の3時までやってるんだけど23:30からは毛色が変わります。焼き鳥はでないっす。

でも店に掲示してあるメニューをみるとなかなか魅力的。リーズナブルっすね。1人飲みや2件目使いにもいいかもしれんすなあ。

とにかく人気のとら屋。週末だけに限った話じゃないぞ。ど平日でも満席なんてしょっちゅうだ。

絶対に予約することをオススメします。内観・味・価格・接客・雰囲気。全方位死角なしの強い店でした。

美味しい焼き鳥をありがとうございます。また来ます!

ごちそうさまでした!!!!

やき鳥 とら屋
住所: 長崎県長崎市住吉町4-27
営業時間:18:00-23:30 23:00-3:00(焼き鳥は23:30まで)
定休日:日曜日

この記事をシェア!