今また波佐見焼がアツい!!白山陶器やマルヒロだけじゃないオススメ陶器まとめ

スポンサーリンク



波佐見がアツい

もはや陶器市は年配のためだけのものではなくなった。早ければ10代で陶器に目覚めて毎年のように器替えに波佐見に出向く輩も出現していっているのを肌で感じている。

ここではそんな波佐見焼きのオススメのショップを紹介していきます。

いきなり窯元を訪れるのは敷居が高いし、そもそも見学すらしていない所も多いです。事前予約でOKなとこもありますので、いつか窯元にも訪れてみたいですね。

 

波佐見焼き知名度No.1の実力。白山陶器

波佐見焼きといえば白山陶器が真っ先に思い浮かぶ。G型醤油差し・Q型マグ・麻の糸・ブルーム・豆椀などインテリアセレクトショップで見ない日はない。久しぶりに行った白山陶器ショールームは、なおも貫禄をたたえてそこに佇んでいた。歴史を感じる。外壁も陶器を埋め込んだ独特の空間だ。

 

今回はそんな白山陶器ショールームに新しい食器仕入れたろ!とウキウキで長崎市から出かけた所、日曜日休みということをすっかり忘れていて雨の中、入り口で立ち尽くすとこから旅は始まりました。本気で泣きそうやった。白山陶器は日曜日はお休みです。

必ず開いてる日は確認しましょうね!それはそうと白山陶器にいくと必ず欲しいものがでてきて困るんすよね。そうでなくとも結構贈り物でも使いますけんね。

長崎が、波佐見が、全国に誇るブランドやと思いますぜ。

私が使っている波佐見焼の窯元の中でも一番多いのが白山陶器です。非常に使い勝手もよく満足度が高いです。気に入ってます。

G型醤油さしやブルームを使った詳しいレビュー記事はこちら。

これが波佐見焼・白山陶器BLOOM(ブルーム)の実力!食器でここまで変わるのだ。

2017.08.08

白山陶器G型醤油さし 波佐見焼きドハマリは全てここから始まった

2017.08.03
白山陶器本社ショールーム
住所: 〒859-3702 長崎県東彼杵郡 波佐見町湯無田郷1334
TEL: 0956-85-3251
営業時間:9:00-16:00
定休日:日曜日

波佐見焼きブームの火付け役。マルヒロ。

鬼木の棚田を見て心を沈めた私は車を走らせた。波佐見有田インターチェンジからすぐ。本当に立地的にもアクセスしやすいのがマルヒロ。私の見解ですが昨今の波佐見焼きのムーブメントの火付け役になっている気がします。よくこの店の話聞きましたものね。

陶器の販売元って硬くて敷居の高いものだというイメージを払拭させた。HASAMIを始めポップでセンスのいいデザイン展開。そればかりではなく伝統的な技法ながらもモダンな絵付けの陶器は手に取りやすいものばかりです。そして入りやすい店内。若者の層をぐいっと取り込んだのではないでしょうか。俺、わしずかみされちょん。もう逃げきれん。

HASAMIのあのマークは鋏でも波佐見でもなくて「挟み」からきてるのよね。

白山陶器と並んで私が何回も足を運ぶ店です。これから波佐見焼きに触れてみたいと考えている人にはうってつけだと思います。

私もHASAMIのブロックシリーズを持っていますが北欧感がめちゃくちゃ出ます。食器でここまで変わるのかとHASAMIがもつ力に驚いた事を覚えています。レビュー記事はこちらです

いつものおやつが超絶モダンに。波佐見焼・HASAMIブロックシリーズ

2017.08.15

マルヒロは以前にブログ記事にもしています。ひとつひとつのブランドの考察をざっくり書いてますので参考にしていただけたら嬉しいっす。

波佐見焼セレクトショップ・マルヒロ 陶器市に行けなくても大丈夫!ええ波佐見焼きが揃います。

2016.09.09

有限会社マルヒロ

住所:  佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙775-7

TEL: 0955-42-2777営業時間:10:00-17:00

定休日:毎週水曜日 第3土曜日曜

さらに勢いを増す波佐見の波。次世代の陶器達

お昼ご飯をGarege House Kitchenで頂き、西の原を散歩してたら各店舗にやたら見かける名刺があった。聞き慣れないその名前。しかし流行発信基地の西の原である。西の原がゴリ推しする店とは何なんだいったい!と思い、行ってみたのがこちらでした。

「OYANE」

 

昨年オープンしたばかりの新しい陶器のショールームだ。調べると出どこは西海陶器。老舗中の老舗である。イメージがふっとぶね。すごくモダンなデザインの店構え。

店名とかロゴって大事だなあ。本当に最近の波佐見の店舗はセンスが光る。

店名の由来は店外の白い屋根がついたスペース。ここは屋外の展示場になるみたい。陶器市の時とかも並ぶのでしょうね。

最近の波佐見の傾向ですね。非常にワクワクするし、陶器のことあんまり知らなくてもはいってみたくなる感じだ。入店の敷居は低い程よい。こういうのを機会に波佐見焼がもっともっと広がればええなあ。

突然の訪問だったのですけど、ダメもとで写真撮っても大丈夫ですか?と聞いてみると。「大丈夫です。みんなその場でインスタとかあげたりしていますw」と。タグで検索すると確かにあるある。すでに若年層を取り込んでいる。

何枚か引きで撮らせてもらった。興味があるかたは是非是非来店して手に取ってみてもらいたい。必ず欲しくなると思います。

ちなみに西海陶器のニューリリースのみを扱っているそうで、ショールーム特価で値札より30%OFFで購入できるみたいだ。

値段もかなり手頃で(1000円台!びっくりした)スタンダードでシックな陶器が手に入ります。ここも波佐見旅のヘビーローテーションになりそうです。

OYANEの下の階にも別の店舗が会って、そこには従来の西海陶器の品揃えがあります。さらに安くなったものも並んでいて掘り出し物もみつかるぞやしれません。

OYANE

住所:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2204-4

TEL:0956-85-3151

営業時間: 9:00-18:00

定休日:無休(年末年始除く)

和山のアウトレットショップがあったの知らんかった

そんなOYANEの道路挟んで真向かいになんだか小さなショップが…って和山やんけ!!しかもアウトレットて!!!いつからあったんや!って調べてみたら結構前からあったみたいで。うわ。つら。

和山も波佐見では人気の窯です。押さえたほうがいいっすね。普遍的な意匠やデザインを続けながらも、平行してポップで新しい商品も取り揃えてきています。進化しているブランドです。WABIと名打ったシリーズはオシャレです。そして食器の可愛さという点では波佐見焼きの中でもトップクラスだと思いますよ。

そんな和山窯の商品がちょっとした傷があるなどの理由でかなり安くなっております。ぜっったいに寄って行きましょう。茶碗も200円台からあって鼻血がでそうやった。県外の観光客のみなさんもひっきりなしに入って来て大人気でしたね。

WAZANはほぼ全ての商品が見れるオンラインショップもあります。便利だねえ。現地に行く前に予習しとくとスムーズですよ。まじで欲しくなってきた。洋食器ぽいデザインがあるのも特徴ですね。

WAZAN OUTLET SHOP

住所:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2200-1

TEL:0956-85-2471

営業時間:10:00-17:00

定休日;不定休

陶郷中尾山・交流館

中尾山こそ波佐見焼陶器の神髄だと私は個人的に思っております。

中尾山は現在でも20以上の窯元や商社が集中しており『陶器の郷』の名にふさわしい。界隈を歩けば窯を案内する看板がすぐに目に付く。

ノスタルジー溢れる路地裏、8体の大きな煙突、天日干しされる素焼き前の陶器、陶器が埋め込まれた石のガード。波佐見ならではの景観に嬉しくなる。陶器抜きにしても町並みの観点からこの地区は魅力に溢れている。

中尾山交流館の2階にある展示ルームは中尾山の窯元の作品を買う事ができる。しかもほとんどの窯元を網羅しているので中尾山にきたら是非とも寄って欲しいスポットです。

光春窯・一真窯・孔明窯…その他にも一度は聞いた事のある窯元ばかりです。迷いに迷い、一新窯のカンナのやつを買いました。スタッフの方も懇切丁寧に説明してくれるしすごくいい話が聞けました。こういうのは旅の楽しみですね。

交流館の高台から見下ろす中尾山一帯の景色もまた絶景なのだ。

散策する時間がなければ交流館だけでも立ち寄ってみて下さい。販売だけでなく波佐見焼きの歴史も学べます。中尾山の出来事はまた別の記事にあらためて書こうと思います。濃いぞー!ここは!!

 

陶郷中尾山・交流館

住所:長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷157
TEL: 0956-85-2273
営業時間:9:00-17:00
定休日:火曜日

 

日曜日でもいい陶器が手に入りました

白山陶器が閉まっていた時は絶望しましたが、走ってみると色々発見があった今回の波佐見旅。いやあ〜もっと発掘していかんといかんすね〜。

さすがに窯元にダイレクトにごめんください!はかなり勇気もいるので今回のOYAMAみたいなショップが展開されると誰でも気軽に陶器を買い求めやすいですね。来店したくなる。こういう機会がどんどん増えている波佐見。これからも注目したいと思います。

あわせて読みたい

買って良かった&使いやすい!波佐見焼食器のオススメまとめ

この記事をシェア!